Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

「ポルノグラファー」猪塚健太が手紙で感謝、竹財輝之助「君の書く文字が好きなんだ」

ナタリー

21/2/27(土) 13:01

「劇場版ポルノグラファー」上映記念舞台挨拶の様子。左から吉田宗洋、猪塚健太、竹財輝之助、三木康一郎。

「劇場版ポルノグラファー~プレイバック~」の上映記念舞台挨拶が本日2月27日に東京・新宿ピカデリーで行われ、キャストの竹財輝之助、猪塚健太、吉田宗洋、監督の三木康一郎が登壇した。

丸木戸マキのマンガをもとにした本作では、小説の口述代筆を通じて結ばれた官能小説家・木島理生と青年・久住春彦が、文通で遠距離恋愛を続けるもののすれ違っていくさまが描かれる。竹財が木島、猪塚が久住を演じ、木島の編集担当・城戸士郎に吉田が扮した。

竹財は「今日の眼鏡は春くんが選んでくれました」と笑顔で報告すると、「ファンの方の後押しがすごく大きい作品。感無量です」と会場を見渡す。猪塚は「約3年前、ドラマ版として始まったときは、まさかスクリーンの前で舞台挨拶ができるなんて夢にも思っていなかったんです。理生さんと春彦の深い愛が実ることになったのは、皆さんの後押しのおかげです」と真摯に伝えた。

チームワークについて問われた吉田が「見ていただいてわかるように、僕に尊敬の眼差しを向けていただいていて……」と口にすると、すかさず猪塚から「スベってますよ(笑)」とツッコミが入る。気を取り直した吉田は「今日、この日にこの作品を愛してくれた人と劇場でお会いできることが叶った。大切な作品になりました」と笑みをこぼした。

「画面が大きくなるので、細部までしっかりやろうと思っていました」と語る三木は「ドラマのときはキスシーンについて相談したりしたんですけど、今は2人が勝手にやるんで」と言って、会場を笑わせる。これを受けた竹財は「いや、畳での絡みのシーンは『今日、ちょっと2人距離あるよ』って言ってましたよ」と、猪塚は「あの言葉でスイッチ入ったところがありましたね」と回想。三木は「ああ、それは言ったかもしれないね」と思い返した。

イベント中盤には登壇者が普段言えない本音をトークする場面も。竹財は「思いを残したくなくて、取材でも『これが最後だ』『もうやらない』って言ってきたんです。でも、もし続編があるとしたら誰にもやらせたくないですね」と思いを吐露。猪塚は「本当は、全国の皆さんに直接ご挨拶に行きたいです」と述懐する。吉田が「役柄的に猪塚くんを意識していた部分がちょっとあったんです。ライバル視してましたね」と明かすと、猪塚は「吉田さん子供ですね(笑)」と茶目っ気たっぷりに返した。

終盤には猪塚が竹財に手紙を読むコーナーも用意された。猪塚は「(竹財は)僕や周りのスタッフさんをいつも気遣ってくださり、かと思えば『舌入れるからな』と急にリードしてくれたりと、役者として頼れる姿をすぐそばで見せてくれました」と述べ、「この人に身を任せて『ポルノグラファー』の世界を楽しもうと自然と思えるようになれました。そう思えたことって僕の中では本当に大きいことだったんです」と感謝を伝える。手紙を受け取った竹財は「こういうサプライズはやめてほしいですね」とこぼし、「君の書く文字が好きなんだ。きれいな字、ありがとう。本当にうれしいです」と喜んだ。

最後に竹財は「自画自賛しますけど、こんな最高の恋愛映画ないんじゃないかなって思っています。映画は観てもらって完成するものなので、2回3回とご覧になってください」と呼びかけ、イベントの幕を引いた。

「劇場版ポルノグラファー~プレイバック~」は全国で上映中。

(c)2021松竹株式会社 (c)丸木戸マキ/祥伝社

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む