Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

鷲尾伶菜、佐藤大樹×橋本環奈『小説の神様』主題歌を担当 「本当に嬉しかったです」

ぴあ

20/1/31(金) 8:00

『小説の神様 君としか描けない物語』 (c)2020「小説の神様」製作委員会

相沢沙呼の同名小説を映画化する『小説の神様 君としか描けない物語』が、5月22日(金)に全国公開される。この度、映画の主題歌が、2020年中をもってグループ解散を発表した11人組ダンス&ボーカルグループ、E-girlsの鷲尾伶菜によるソロプロジェクト“伶”の第一弾シングルとなる『Call Me Sick』に決定した。

『小説の神様』は、ナイーブで売れない作家×ドSな売れっ子作家という、すべてが真逆なふたりの高校生小説家が、まさかの共作を果たし、大ベストセラーを目指すという青春ストーリー。

「僕は小説の主人公になり得ない人間だ」 。中学生で作家デビューしたものの、発表した作品は酷評され売り上げも振るわない……。自分を見失い思い悩む、ナイーブで売れない高校生小説家・千谷一也。一方、同じクラスの人気もので、ドSな性格でヒット作を連発する高校生小説家・小余綾詩凪。性格、クラスでの立ち位置、売れている、売れていない。すべてが真逆のふたりに、編集者から下されたミッション……。それは、ふたりで協力し、ひとつの物語を作り、世の中の人の心を大きく動かすベストセラーを生み出すことだった。

売れない高校生小説家・千谷一也役を演じるのは、EXILE/FANTASTICSのパフォーマーとして活躍する一方、『ママレード・ボーイ』『センセイ君主』などに出演し、俳優としても人気を集める佐藤大樹。ヒット作を連発する高校生小説家・小余綾詩凪役を、『銀魂』シリーズ、『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』をはじめ、数々の話題作に出演し、幅広い役を演じる橋本環奈が務める。そして監督には、『HiGH&LOW』シリーズの久保茂昭を迎えた。

ソロプロジェクト“伶”としての楽曲の発表は、これが初となる『Call Me Sick』は、「夢中になれる時間は今しかない!」と無我夢中で頑張る姿と、揺れ動く葛藤や不安な気持ちを歌詞で描いた応援ソングとなっており、本作の不器用ながらも諦めずに前に進んでいく登場人物らの心情を引き立てる。

伶は、本編の重要なシーンに書き下ろした挿入歌『こんな世界にしたのは誰だ』も担当。真正面から応援する主題歌とは打って変わり、誰しもが抱える不安や葛藤をテーマにした一曲となっている。

また、主題歌曲の世界観が伝わる、劇中の場面写真1カットも公開。本場面は、小説を共作していくことが決まり、佐藤演じる一也と橋本演じる詩凪のふたりが初めてプロット(物語)について話し合っていくシーン。主題歌曲でも描かれている、「小説が好き」という気持ちが走り出して、ふたりの想像の世界が広がっていく様子が表現されている。

そして挿入歌を担当するのは、主演の佐藤大樹と同じくLDHに所属し、シンガー、女優としても活躍するLeola(レオラ)。ハワイ語で“太陽の声”を意味する名をもつLeolaは、フジテレビ系ドラマ「ラブソング」に、歌手の CHERYL(シェリル)役として出演したことでも話題の女性シンガーソングライター。映画『兄に愛されすぎて困ってます』『虹色デイズ』に続く、3作目の映画挿入歌となる。

情報発表にあわせて寄せられた鷲尾、久保監督のコメントは下記の通り。

■鷲尾伶菜コメント
・本作の主題歌に起用された感想
ソロとして皆さんに聴いていただける最初のきっかけが、映画『小説の神様』の主題歌と聞き、本当に嬉しかったです。この映画に少しでも花を添えられるよう精一杯曲を届けたいと思います!

・楽曲に込めた思い
映画を観させていただいて、凄くこの時代ならではの問題や抱える痛みなどが伝わってきたので、少しでもポジティブに変えられるような楽曲にしたいと思ったのと、エンドロールまで聴いて観て帰ってもらえるようにと心を込めました!

・ソロデビューして初の新曲となることへの意気込み
初の新曲が映画の主題歌に決まって本当に嬉しいです!ソロとしていいスタートが切れたかなと思っています。
映画のエンドロールに合わせて選曲したので、主人公ふたりの感情に寄り添って聴いてもらえたらと思います。

■久保茂昭監督コメント(楽曲起用理由)
原作を読んだ時から頭の中に女性アーティストの声が響きました。
鷲尾さんの恋心に憑依したような切ない歌声がすごく好きで、一也の気持ちを歌えるのは彼女しかいないと思いました。彼女の歌声が持っている切ないところ、ピュアだけど未熟なところが、本作にピッタリだと思ったので、本人に直接会って「冒頭、鷲尾さんの声から始まりたい、あなたの声で物語の全体が入ってくるんだ」と僕から強くお願いしました。

『小説の神様 君としか描けない物語』
5月22日(金)全国公開

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む