Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

高畑充希、タナダユキ監督との初タッグに喜び「やったと思いました」

ぴあ

21/5/18(火) 13:34

続きを読む

映画『浜の朝日の嘘つきどもと』の完成報告イベントが5月18日、都内で行われ、主演を務めた高畑充希、共演する大久保佳代子とオリジナル脚本も手がけたタナダユキ監督が出席した。

福島県・南相馬に実在する映画館「朝日座」を舞台に、東京の映画配給会社に勤めていた福島県出身26歳の茂木莉子(本名:浜野あさひ)が恩師との約束である「朝日座」の再建のため、小さな“嘘”をついてでも映画館を守ろうと奮闘する物語。高畑が主人公を、大久保が莉子の高校時代の恩師・田中茉莉子を演じる他、「朝日座」の支配人・森田保造を今最もチケットが取れないと言われる落語家の柳家喬太郎が好演している。

以前からタナダ作品のファンだという高畑は、「今回、呼んでいただき、やったと思いました。お会いしたら、人としても好きだなって」と初タッグに喜びのコメント。「セリフを口に出して読んでも、自然でつっかからず、どのキャラクターも魅力的で生き生きしていて、まるで(脚本から)飛び出してくるような感じ」と脚本を評し、「本当に温かく(コロナ禍の)今だから感じられる思いが、ギュッと詰まった作品。この映画で全国の映画館が元気になればいいなと思う」とアピールしていた。

大久保も「映画館に携わる人、それを守ろうとする人たちの絆やつながりを、こういう時期だからこそ、見ていただければ」としみじみ。自身の役どころは「人間的に魅力がある」と語る一方、「セリフもめちゃくちゃ多くて(笑)。年齢的に記憶を入れたら、その分出てしまうので」と苦労を明かし、「ちょっと演技がスカしているなあと思った」と厳しく自己採点。共演した高畑に対しては「自然と感情が湧くようにしてくれた」と感謝を述べていた。

タナダ監督は「主人公は高畑さんがいいと思っていたし、誰と組んだら新しい高畑さんが見られるかなと考えたら、大久保さんが思い浮かんだ」とキャスティングの経緯を説明。「高畑さんが真ん中でドンと自由に演じてくれるし、大久保さんや師匠(喬太郎)の相乗効果で、脚本を書いたときの想像を超えるお芝居を見せてもらった」と振り返り、「単に映画を見るだけではなく、何かを体験する場所」だと映画館への思いを熱弁していた。

取材・文・写真=内田涼

『浜の朝日の嘘つきどもと』 9月10日(金)全国公開 (福島県では8月27日(金)先行公開)

アプリで読む