Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

白濱亜嵐、映画『10万分の1』を通して考えたリーダー像と将来の夢

ぴあ

20/11/26(木) 12:00

白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS)と平祐奈を主演に迎え、人気漫画を実写化した『10万分の1』が公開を迎える。

白濱が演じるのは、ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病に侵された恋人・莉乃に寄り添い続ける桐谷蓮。時にクスリと笑えるコミカルでピュアな青春ラブストーリーの部分と、ALSのことを世に広く伝えたいという“使命感”を抱きリサーチを重ねて臨んだというシリアスな病気に関する描写、そのどちらも丁寧に演じきり、役柄そのまま、観る者の心に寄り添っている。

撮影当時25歳(※現在は27歳)。「これが最後の制服になるだろうな……」と思いながら撮影に臨んだと明かしつつ「僕としては、今できるギリギリの役をどんどんやっていきたいので、(制服は)着られるだけ着たいですし、周りに止められるまで着続けようかなって思ってるんですけどね」と笑う。

王道のラブストーリーから“貴族”まで、これまでにも様々な恋愛シーン、胸キュンシーンに身を投じてきた白濱だが、本作で演じていて照れてしまったシチュエーションは?

「照れたということで言うと、プールでの告白はメチャクチャ恥ずかしかったです(笑)。プールサイドで“好きだよ”って僕にはなかった青春です。(つきあい始める前のシーンで)電車の中で“壁ドン”のようになるところも、(桐谷の)優しさを感じつつ、自分だったらできないですね(笑)」

こうした胸キュンの恋愛・青春パートが輝けば輝くほど、莉乃の病気の存在はふたりの日々、そして周囲に暗い影を落としていく。

「最初に原作を読んだらキラキラした感じだったんですけど、後半にいくほど重さが出てきて、ただのキレイごとで片づけず、嘘偽りなく病気のことを描いていて、あらためて“これは真剣に取り組まないといけない”と思いました」と振り返る白濱。

ALSは全身の筋力が徐々に低下していき、やがて死に至る難病。現在もその治療法は確立されていないが、一方で患者の生活のクオリティを保つために様々な工夫が行なわれている。

「ALSの患者さんが撮影の現場に来てくださったんですが、そこで会話をしました。しゃべることはできないんですけど、介護されている方がひらがなの表を読み上げて、その声に合わせて患者さんがまばたきをすることで文字を伝えるというやり方で、そういう状況でも会話ができるということのすばらしさを感じましたし、映画を通じてこの病気のことをもっと世の中に伝えないといけない、それがこの映画に出演する自分の使命だなと、患者さんにお会いして感じました」

白濱が考える、自身のリーダー像
「支えられるタイプのリーダーです」

劇中、まさに桐谷と莉乃がALSの患者に会いに行くシーンで、ALS患者の妻が、桐谷に対し、決してひとりで無理をせず、周囲の助けを借りながら寄り添っていくことの大切さを説くシーンがある。責任感や使命感が強く、真面目な人間ほどひとりで問題を抱え込んでしまい、周囲に助けを求められない……というのは、この病気に限らず、日常でも起こりうることだろう。白濱自身、リーダーとしてGENERATIONSを引っ張る立場だが、適度に周囲に助けを求めることの大切さは身に染みているという。

「その点、僕はなにも考えずに助けを求めるタイプだと思います(笑)。周りに頼ることが好きだし、支えられるタイプのリーダーです。自分が助けを求めることで、周りの人間の成長につながる部分もあるでしょうし、やるべきこと、できることは自分でやりますが、頼った方がいいことは周りを頼るし、普段からあえて“アドバイスくれ!”とか“無理! できない!”って言うようにしています」

今回、自身が所属するGENERATIONS from EXILE TRIBEの『Star Traveling』が主題歌に起用されている。「映画にはその作品に合った曲が主題歌に起用されるべき」とアーティスト気質をのぞかせる白濱だが、この『Star Traveling』に関しては「本当にすごく作品にハマっていて良かったです」と笑顔を見せる。

ここ最近、俳優として役を演じることが「楽しくなっている」と笑顔を見せる。GENERATIONSでのパフォーマーとしての活動と共に「芝居も活動の大切な軸だと思っています」と語る。

「役の幅が広がり始めて、楽しくなりました。最近のドラマ『M 愛すべき人がいて』もすごく楽しかったです。ダンスはスポーツ選手と同じで選手生命というものがあり、一生今のレベルで踊ることはできないですけど、役者は何歳になってもできる役がある。ライフワークに近いのかなと感じています。等身大の役もいいけど、いつかやってみたいのは本当にクズな男(笑)。いろんな役をやるという意味では山田孝之さんは憧れですし、海外で言うと、ザック・エフロンのように、体のごつさを含めて役にできるような俳優になりたいです」

もうひとつ、インタビューを通じてたびたび「社会貢献」という言葉が白濱の口をついて出てきた。本作で愛する人のために寄り添い続ける役を演じたことも大きいのかもしれない。同時にエンターテイナーとして人々を「楽しませたい」という思いも強くある。

「もう27歳ですから、そろそろ真剣に社会貢献をしていきたいなと思いますし、僕が“やりたい”と思うことって、世の中にないことが多いんです。そういうことを自分で作ってやっていきたいなと思います。30歳までに実現したいのが、自分の音楽レーベルを立ち上げること。そこで音楽活動をしつつ、犬が大好きなので、犬や猫を連れて一緒に楽しめるフェスを作り上げてみたいなと思っています」



取材・文:黒豆直樹 撮影:源賀津己

『10万分の1』
11月27日(金)より全国公開

白濱亜嵐さんのサイン入りチェキを1名様にプレゼント!

応募方法
ぴあ映画編集部Twitterをフォロー&本記事ツイートをRTしていただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、ぴあ映画編集部アカウントよりDMをお送りします。

ぴあ映画編集部Twitter

対象ツイート:

https://twitter.com/eiga_pia/status/1331795416334036993

※当選後、お届け先ご住所のご連絡ができる方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※当選発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。

【応募締め切り】
2020年12月10日(木) 23:59まで
※期間中は何度でも応募可能です。


新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む