Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

曽根麻矢子 J.S.バッハ連続演奏会のスタートは『ゴールドベルク変奏曲』

ぴあ

21/2/10(水) 12:00

J.S.バッハ連続演奏会《BWV》

昨年9月に予定されていながら、コロナ禍によって延期されていた曽根麻矢子のJ.S.バッハ連続演奏会《BWV》がいよいよ3月にスタートする(3月4日:Hakuju Hall)。5年10回にわたる息の長い企画の冒頭を飾るのが『ゴールドベルク変奏曲』というのもファンにはたまらないプレゼントだ。半年間の延期について曽根麻矢子は「じっくり取り組む時間ができました。これは“バッハに集中しなさい”という天からの掲示ですね」と屈託がない。

3月の第1回以降は、秋と春の年に2回ずつ、『平均律クラヴィーア曲集』『イギリス組曲』『フランス組曲』&『パルティータ』などなど、J.S.バッハの代表的鍵盤作品がずらりと並び、バッハの真髄が味わえる。

そしてこのシリーズにおいては、スイス在住の世界的チェンバロ製作者デビット・レイが曽根麻矢子のために長い時間をかけて製作した18世紀フレンチモデルの楽器を使用。響きの良さで定評のあるHakuju Hallならではの優雅な時間が楽しめそうだ。「5年間の中で起きたことや吸収したことが、シリーズには必ず反映されていくはずです。楽器の音色自体も変わっていくのではないでしょうか。皆様と一緒にそのような変化も楽しみながら進めていけたらと思っています」と語る言葉が清々しい。

●曽根麻矢子オフィシャルサイトhttps://mayakosone.com

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む