Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

斎藤憐著「幻の劇場 アーニー・パイル」

安倍寧のBRAVO!ショービジネス

アーニー・パイル劇場が焙り出す人物相関図

毎月連載

第15回

19/8/20(火)

前回のこの欄で、ブロードウェイ・ミュージカル『ピピン』の売れっ子演出家ダイアン・パウルスが、アメリカ人の父と日本人の母との間に生まれた女性だということ、その父は占領軍の一員としてアーニー・パイル劇場(接収された旧東京宝塚劇場)で働いていたこと、その間に母となる日本女性と知り合ったことなどを紹介した。今回はその流れでアーニー・パイル劇場について、いくつか覚え書き風の断片を列記したいと思う。

アプリで読む