Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

高橋睦郎、平出隆、宗左近×田村一行、鈴木ユキオ、浅井信好『詩、踊る』

CINRA.NET

20/11/4(水) 18:00

©Jorgen Axelvall、 ©Takashi Mochizuki、 ©Junya Igarashi、 ©Yoshikazu Inoue、©小林直博|鶴と亀

舞台『詩、踊る』が11月7日に福岡・北九州芸術劇場で上演される。

日本、中国、韓国の3か国が連携し、東アジアの多様な文化の国際発信力強化を図る『東アジア文化都市2020北九州』の一環となる同公演。田村一行(大駱駝艦)、鈴木ユキオ、浅井信好の3人が、福岡出身の詩人・高橋睦郎、平出隆、宗左近の作品をモチーフに創作したダンス作品を上演する。

『高橋睦郎×田村一行「深きより」』は、巫を担当する高橋睦郎の『深きより 二十七の聲』をモチーフにした作品。振付、演出、美術を田村一行が務め、大駱駝艦の塩谷智司、小田直哉、坂詰健太、阿蘇尊と共に出演する。『平出隆×鈴木ユキオ「HÔKA」』は、平出隆の『雷滴 その放下』をもとにした作品で、振付と出演は鈴木ユキオ。『宗左近×浅井信好「炎える母」』は宗左近の同名作品がモチーフとなり、振付の浅井信好が井田亜彩実と共演する。

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む