Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

Foorin 『パプリカ』が羽田空港第3ターミナルの駅メロに 米津玄師「日本の玄関口で流れることをとても光栄に思います」

ぴあ

20/11/16(月) 15:00

Foorin

日本中の子供たちが踊ったキッズソングで『第61回輝く!日本レコード大賞』にて大賞を獲得、『第70回NHK紅白歌合戦』にも登場したFoorinの『パプリカ』が、京急電鉄・羽田空港第3ターミナル駅の開業10周年を記念し、11月21日(土)の始発より列車接近音(以下、駅メロディ)として使用されることが決定した。

『パプリカ』は、2020年とその先の未来に向かって頑張っているすべての人を応援するプロジェクトとして、米津玄師が作詞・作曲・プロデュースを担当した楽曲。ダンスの振付を辻本知彦と菅原小春が手がけ、小中学生の音楽ユニットFoorinが歌唱した。発表されるやいなや瞬く間に人気を獲得し、米津が歌うセルフカバーや、英語ネイティブの子供ユニットFoorin team Eが歌う英語バージョンの『Paprika』などがつくられるなど、世代や国境を越えてたくさんの人に愛されている。

京浜急行電鉄株式会社では、日本での大ヒットだけでなく、英語版『Paprika』も制作されていることや世界でも幅広く知られている楽曲ということから、国内外の乗客を迎え入れる駅のイメージに合致するとし、今回の駅メロを『パプリカ』に決定。米津は今回の決定を受け、「パプリカを作った当初は、こんなに広く大きくなるとは想像できていませんでした。Foorinのみんなが頑張ってくれたおかげです。日本の玄関口で流れることをとても光栄に思います」と喜びのコメントを発表している。

<米津玄師コメント>
パプリカを作った当初は、こんなに広く大きくなるとは想像できていませんでした。Foorinのみんなが頑張ってくれたおかげです。日本の玄関口で流れることをとても光栄に思います。

【羽田空港第3ターミナル駅、駅メロディの変更について】
1.楽曲変更対象駅:羽田空港第3ターミナル駅(上下線ホーム)
2.変更開始日:2020年11月21日(土)始発 ~
3.駅メロディ楽曲名:Foorin『パプリカ』(作詞・作曲:米津玄師)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む