Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

PEDRO(Photo by Kana Tarumi)

PEDROと2が初競演、熱気渦巻いた東京キネマ倶楽部の夜

ナタリー

19/11/21(木) 18:20

昨日11月20日に東京・東京キネマ倶楽部にてライブイベント「ライブナタリー presents PEDRO × 2」が開催された。

このイベントは「ライブナタリーが出会ってほしい2組」をテーマにした対バン企画。まず2はメインステージより高い位置にある下手のサブステージから登場し、定位置に着くと即座に爆音を一斉に鳴らして「ニヒリズム」でライブの口火を切った。緩急の効いたアップテンポなナンバー「ルシファー」では古舘佑太郎(Vo, G)ががなるように力強い歌声を響かせ、2とPEDRO双方のファンの体を揺らす。叙情的な歌詞の楽曲「土砂降りの雨が降った街」の演奏後には古舘が「トップバッターの2です! 今日は最後まで楽しんでいってください!」と呼びかけ、「フォーピース」を披露。古舘、加藤綾太(G)、赤坂真之介(B)の後ろでyucco(Dr)が髪を振り乱してパワフルにドラムを叩く姿にも歓声が上がった。手紙のようにつづられた歌詞が印象的な「FALL FALL FALL」では夕暮れを思わせるオレンジ色のライトがバンドの演奏を引き立て、続いて2なりの“東京ソング”とも言える「東狂」がエネルギッシュに届けられた。

古舘は「改めてまして2です。今日はナタリーさんに初めて誘っていただいて、初のキネマ倶楽部、初のPEDROとの対バン。入場のSEが何曲かあるんですけど、キネマ倶楽部っていうことで選んだ曲が、今日PEDROで出演する田渕ひさ子(G / NUMBER GIRL、toddle)さんの別のバンドの曲だったんですよね。いざ田渕さんに会ってみると恥ずかしくなっちゃって(笑)。今日は“初尽くし”ということで、最後まで楽しみたいと思います!」と述べてから、2017年発表の1stアルバム「VIRGIN」の1曲目である「Anthem Song」を披露。パンキッシュなナンバー「ナイトウォーク」では古舘がハンドマイクで叫び、赤坂がステージ前方に身を乗り出してギターソロを弾くなどアグレッシブなパフォーマンスを見せる。熱気を保ったままずっしりとしたビートのロックンロールナンバー「ロボット」でさらに場内の熱気を引き上げた。再びギターを抱えた古舘は「キネマ倶楽部いくぞー!」と、ダンサブルなナンバー「SとF」に続けて「ケプラー」「Family」とアッパーチューンを連投。ラストに四つ打ちビートのキラーチューン「DAY BY DAY」をプレイし、ステージをあとにした。

PEDROのライブは田渕ひさ子のギラついたギターサウンドが映える「STUPID HERO」で幕開け。アユニ・D(Vo, B)は気だるくも時折がなるように歌声を響かせる。PEDROは疾走感のあるナンバー「GALILEO」でフロアのモッシュを誘い、メランコリックなテイストの「ボケナス青春」につなげた。「PEDROです、よろしくどうぞ」というアユニの短い挨拶を挟み、PEDROはアユニと毛利匠太(Dr)のずっしりとしたリズム隊の演奏、田渕の軽快なギターカッティングのコントラストが映える「甘くないトーキョー」、アグレッシブなロックチューン「MAD DANCE」と続けて演奏した。「PEDROです。スーパーギタリスト田渕ひさ子さん。そしてスーパードラマー毛利匠太」とアユニがメンバー紹介をしたあと、シャッフルビートのロックチューン「ハッピーに生きてくれ」でコール&レスポンスを巻き起こしたPEDRO。アユニが憂いのある表情を浮かべつつ「おちこぼれブルース」をエモーショナルに歌い上げ、「NIGHT NIGHT」でキネマ倶楽部を揺らした。

ライブ後半、PEDROは「ironic baby」「自律神経出張中」と人気曲を連投。「Dickins」のあと、アユニは「ナタリーの宮川さん、今日は2とのツーマンを企画してくださってありがとうございます。PEDROはツアー以外まったくライブをしてないんですよ。なのでこうして呼んでいただけてすごく幸せです。ありがとうございます。そして私、PEDROは春にツアーを回ることになりました。全国10カ所回ります。田渕ひさ子さんと毛利匠太さんと3人で行かせていただきます。なので、来てください。それまでにまた新しい曲をたくさん作ってきますのでよろしくお願いします。今日は来てくれて本当にありがとうございました」と2020年春のツアーを告知。バンドはラストに「EDGE OF NINETEEN」を爆音で演奏した。

アンコールに応えて再び登場したPEDRO。アユニは「今日は夏ぶりにPEDROのライブができて光栄です」と話してから、「私がここ、キネマ倶楽部に来た本当の理由があるんですよ。猫背を治しに来ました」と述べてライブの締めくくりに「猫背矯正中」を演奏。フロアを大いに盛り上げ、さっそうとステージをあとにした。

「ライブナタリー presents PEDRO × 2」2019年11月20日 東京都 東京キネマ倶楽部 セットリスト

2

01. ニヒリズム
02. ルシファー
03. DIARY
04. 土砂降りの雨が降った街
05. フォーピース
06. FALL FALL FALL
07. 東狂
08. Anthem Song
09. ナイトウォーク
10. ロボット
11. SとF
12. ケプラー
13. Family
14. DAY BY DAY

PEDRO

01. STUPID HERO
02. GALILEO
03. ボケナス青春
04. 甘くないトーキョー
05. MAD DANCE
06. ハッピーに生きてくれ
07. おちこぼれブルース
08. NIGHT NIGHT
09. ironic baby
10. 自律神経出張中
11. Dickins
12. EDGE OF NINETEEN
<アンコール>
13. 猫背矯正中

アプリで読む