Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『僕のワンダフル・ジャーニー』 (C)2019 Storyteller Distribution Co., LLC, Walden Media, LLC and Alibaba Pictures Media, LLC.

まっすぐな愛に感動。『僕のワンダフル・ジャーニー』が満足度ランキング首位

ぴあ

19/9/17(火) 18:00

「ぴあ」調査による2019年9月13日、14日公開のぴあ映画初日満足度ランキングは、強い絆で結ばれた一匹の犬と飼い主の奇跡を描いた感動作『僕のワンダフル・ジャーニー』が第1位になった。

本作は、飼い主のイーサンのために何度も生まれ変わりを繰り返す犬ベイリーの姿を描いた『僕のワンダフル・ライフ』(2017年公開)の続編。新たな家族が加わったイーサンから、ある願いを託された犬のベイリーの奮闘と転生がドラマチックに描かれる。

出口調査では「前作を観たので気になって」と話す人が多く、中には「他の作品を観にきたときにたまたま予告が流れて、それだけで泣けたから」と話す人も。観客からは「今回は人間模様をメインに描いていて、より感情移入しやすくて涙がでた」「動物のまっすぐな愛が伝わってくる素敵な映画だった」「イーサンとベイリーの関係に憧れる」「飼っている犬に会いたくなった!」などの声が寄せられ、「思い出すだけで涙が出ちゃう…・・・」と声を詰まらせる人もいた。

また「愛するとはこういう事なんだと。見返りを求めない愛に感動した」「犬目線での人間関係が描かれているのが面白い。私も犬を飼っているので、こういう風に見られているのかなって思った」「犬好きじゃなくても愛にあふれた作品なので幸せな気持ちになれると思う」「犬は人間よりもかしこい動物だなって感じた。生まれ変わったら犬になりたい」などのコメントもあった。

(本ランキングは、9/13(金)、14(土)に公開された新作映画8本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

アプリで読む