Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

サム・メンデス監督最新作『1917』2020年2月公開決定 衝撃の撮影手法をとらえた映像も

リアルサウンド

19/10/25(金) 8:00

 サム・メンデス監督最新作『1917(原題)』が、2020年2月に全国公開されることが決定し、あわせてフィーチャレット映像が公開された。

参考:映像はこちら

 本作は、『アメリカン・ビューティー』でアカデミー賞監督賞を受賞、『007 スペクター』をはじめダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドの『007』シリーズを手がけたメンデス監督の最新作。第一次世界大戦の“若きイギリス兵のある一日”を壮大なスケールと深いドラマで、且つリアルタイムで描く。

 若きイギリス兵スコフィールドとブレイクの2人の兵士が危険待ち受ける敵の陣地を抜け、進軍する仲間と兄弟が所属する1600人の友軍兵士たちの命を救うべく、一刻も早く「作戦中止」の重要な伝令するために立ち向かう物語。若きイギリス兵には、『マローボーン家の掟』のジョージ・マッケイ、『ゲーム・オブ・スローンズ』のディーン・チャールズ=チャップマンとフレッシュな英国俳優を起用し、ベネディクト・カンバーバッチ、コリン・ファース、マーク・ストロングらイギリスを代表する実力派俳優が脇を固める。

 公開された映像では、兵士たちの動き、さらに息づかい一つ一つを観客に体感してもらい、究極の没入感へ導くために敢行された驚愕の撮影について、メンデス監督が、「撮影にはこの辺をカットしよう、あのシーンをなくそうなどの編集という魔法の切り札があるが、本作ではできない」ため「長回しの撮影にすべきと考えた」とその苦労を語る。

 アカデミー賞撮影賞受賞のロジャー・ディーキンス、主演のマッケイ、チャールズ=チャップマンらからは、驚くべきことに屋外で順撮りされたため、「天候によって撮影が左右される」ことや「カメラを俳優のアクションにぴたりと合わせるため、また長回しにより照明を置くことができないこと」、さらにリアルタイムで描くため「映像に一貫性を持たせる必要があり、天候待ちをした」などの苦労が語られ、メンデス監督は「撮影がいかに困難だったか、その苦労と努力が映像全てに集約されている」とコメントしている。

 さらに、メンデス監督は、現地時間の10月3日に実施されたNYコミコンに登壇し、「完璧に途切れなく物語を描くために、全てにおいて秒単位まで計算されるなど緻密な調整をした」と明かす。そのため、特にリハーサルについて「今までの過去のどの作品よりも時間を費やした」「自身のキャリアにおいて、最もエキサイティングな仕事だった」と大きな自信を覗かせた。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む