Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ドラマ「おいしい給食」記者会見の様子。

市原隼人「おいしい給食」で“ぶっ飛んだ先生”に、ボイメン辻本は自然体で乗り込む

19/10/9(水) 17:10

連続ドラマ「おいしい給食」の記者会見が本日10月9日に東京・世田谷ものづくり学校で開催され、キャストの市原隼人、武田玲奈、佐藤大志、豊嶋花、辻本達規(BOYS AND MEN)、酒向芳、監督の綾部真弥が登壇した。

給食マニアの教師・甘利田幸男と同じく給食好きの生徒・神野ゴウによる、“どちらが給食をおいしく食べるか”という闘いを描く本作。市原が甘利田、佐藤が神野に扮した。

市原は「給食、青春、ドラマ、コメディ。ありそうでなかった、まったく新しい感情をお届けできるのが楽しみです。人と人とをつなぐ作品になることを心から願っています」と自信をのぞかせ、自らが演じたキャラクターを「教師として見せてはならない姿も見せてしまう、矛盾だらけの先生。ぶっ飛んでいるんですよ」と説明する。撮影にあたっては体重を5kg以上落としたそうで「この作品ではどう見られるかとかは捨てたんです! 甘利田としてどうあればいいのか、そして闘えばいいのか。甘利田が思うがままに動いています」と役作りに懸ける思いを明かした。

本作で初の教師役を務める武田。彼女は今でも高校生役を演じる機会が多いことから「教師に見えるだろうかと不安がありました」と正直な気持ちを吐露する。体育教師役の辻本は「中学生のみんなと遊ぶのが本当に楽しくて。サッカーの場面ではスペースを見つけて走りこんで行ったら『そこ映ってないからー!』と言われてしまいました(笑)」と1人だけマイクを使わず地声ではつらつと話し、役作りに関しては「監督とだいぶ密な打ち合わせをした結果、このままでいいんじゃないかと。自然体で撮影現場に乗り込みました!」と弾けんばかりの笑顔で語った。

会見では、出席者たちに「好きな給食は?」と質問が飛ぶ場面も。きな粉パンを挙げた市原は「好きなんです。迷いなく決めました」と述べ、コッペパンが好きな武田は「何もつけないノーマルコッペが好きです。撮影をきっかけにハマって、お家でも買って食べました」とコメントする。

同じ質問の答えにみそラーメンを選んだ佐藤は「1日3食ラーメンを食べるほど好き」とその理由を伝え、“ケロケロあげパン”が好物の豊嶋は「あげパンにうぐいすきな粉がかかっているんです。食べ終わったあとはみんな口の周りが緑になっちゃう」とはにかんだ。辻本は“ABCスープ”と回答するが、共演者の中でそれを知っていたのは佐藤だけ。辻本は「アルファベットのパスタみたいな練り物が入っているスープ。舌だけで何のアルファベットか当てていました」と幼い頃のエピソードを明かして「大志くんもやっているよね?」と尋ねるが、「いや、やらないです」とつぶやく佐藤を横目で見ながら「さっきまであんなにわかりあってたのに!」と嘆いた。

なおドラマの放送に先駆けて、本作の映画化が決定。2020年初春に全国ロードショーされる。市原は「闘いの中で号泣していますから。なぜだかはわからないですけど。王道のエンタテインメントになっています」と、武田は「ちょっと恋愛要素も入っています」と思い思いの言葉で映画をアピールした。

全10話の「おいしい給食」は、10月よりテレビ神奈川、TOKYO MX、BS12 トゥエルビほかで順次放送。

おいしい給食

テレビ神奈川 2019年10月16日(水)スタート 毎週水曜 21:00~
TOKYO MX 2019年10月14日(月・祝)スタート 毎週月曜 20:00~
BS12 トゥエルビ 2019年10月20日(日)スタート 毎週日曜 19:00~
ほか

(c)2019「おいしい給食」製作委員会

アプリで読む