Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ネリシウェ・ザバ「Bang Bang Wo」より。(photo by Candida Merwe)

南アフリカ出身の振付家ネリシウェ・ザバが、人気作と新作を2本立て上演

19/10/3(木) 14:43

ネリシウェ・ザバ「Bang Bang Wo」「Plasticization」が10月19・20日に京都・THEATRE E9 KYOTOにて上演される。

本作は「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2019」の公式プログラムの1つ。南アフリカ出身の振付家、パフォーマーで、黒人女性の身体やジェンダーの問題に取り組むネリシウェ・ザバが、2017年に南アフリカのThe centre for the less good ideaにて初演された最新作「Bang Bang Wo」と、世界各国で上演されている「Plasticization」の2作品を連続上演する。

19日は「KYOTO EXPERIMENT」次期プログラムディレクターの川崎陽子がモデレーターを務め、ネリシウェ・ザバが登壇するポストパフォーマンストークあり。上演時間は1時間20分の予定。なお両日とも完売、当日券は開演1時間前より販売予定だ。

ネリシウェ・ザバ「Bang Bang Wo」「Plasticization」

2019年10月19日(土)・20日(日)
京都府 THEATRE E9 KYOTO

コンセプト・演出・出演:ネリシウェ・ザバ
マルチメディア・アシスタント:Candida Merwe

「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2019」

2019年10月5日(土)~27日(日)
京都府 ロームシアター京都、京都芸術センター、京都芸術劇場 春秋座、京都府立府民ホール“アルティ”、THEATRE E9 KYOTO ほか

アプリで読む