Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ジェニファー・ロペス×コンスタンス・ウーW主演『ハスラーズ』来年2月公開 ポスター&特報も

リアルサウンド

19/11/6(水) 8:00

 映画『ハスラーズ』が2020年2月7日に公開されることが決定し、あわせてティザーポスターと特報映像が公開された。

参考:動画はこちらから

  本作は、米ニューヨーク・マガジンに掲載された、ジェシカ・プレスラーによる記事『The Hustlers at Scores』をもとに製作されたクライム・エンターテインメント。2008年のリーマン・ショック後、困窮したニューヨークを舞台に、ストリップクラブで働く女性たちが、世界最高峰の金融地区ウォール街の裕福なサラリーマンたちから大金を奪う計画を企てた、驚愕の実話を描く。

 主演を務めるのは、CDの歴代セールス5,500万枚を誇るシンガーであり、女優、映画プロデューサー、ファッションデザイナーなど幅広い顔を持ち、最近では2020年2月2日(現地時間)にフロリダ州・マイアミにて開催されるアメリカ最大のスポーツイベント「NFL スーパーボウル」のハーフタイム・ショーへの出演決定が話題となったジェニファー・ロペスと、映画『クレイジー・リッチ!』で主演を務め、「世界で最も影響力のある100人」に選ばれたアジア人女優コンスタンス・ウー。さらに、デビューアルバムが全米1位を獲得し、世界の注目が集まる女性ラッパーのカーディ・Bや、女性アーティストのリゾが映画初出演を果たす。『エンド・オブ・ザ・ワールド』のローリーン・スカファリアがメガホンを取った。

 幼少の頃母に捨てられ、祖母に育てられたデスティニー(コンスタンス・ウー)は、祖母の介護のために働き始めたストリップクラブで、ひときわ輝くラモーナ(ジェニファー・ロペス)と運命の出会いを果たす。ラモーナや同じクラブのベテラン・ダイヤモンド(カーディ・B)からストリッパーとしての稼ぎ方を学び、安定した生活を得ることができるようになるデスティニー。しかし、2008年に起きたリーマン・ショックの影響で世界経済は冷え込み、ストリップクラブで働く彼女たちにも不況の波が押し寄せることになる。「真面目に働いても生活が苦しいのに、経済危機を引き起こした張本人であるウォール街の金融マンたちは、なぜ相変わらず豊かな暮らしをしているのか」と不満を募らせたラモーナは、ディスティニーやクラブの仲間たちと、世界最高峰の金融地区ウォール街の裕福なクライアントたちから大金を騙し取る計画を企てる。

 公開された特報映像では、ウー演じるディスティニーとストリップクラブの面々との出会いや、ウォール街の裕福なクライアントたちから次々と現金を騙し取る様子が描かれている。 (文=リアルサウンド編集部)

アプリで読む