Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

WOWOW『ジョーカー』放送記念!
『バットマン』&『ダークナイト』シリーズは 悪役ヴィラン で見る!

7月23日(木・祝)よりWOWOWシネマにて放送
7月4日(土)には『バットマン【吹替補完版】』が先行で無料放送

PR

あの『ジョーカー』がついにWOWOWに登場!
『バットマン』&『ダークナイト』シリーズを悪役視点で観直そう!

記憶に新しい2019年10月4日、日米同日に劇場公開がスタートした映画『ジョーカー』。DCコミックスを基に数々の劇場映画が作られてきた『バットマン』の中でも屈指の存在感を放ち続けてきた悪役(ヴィラン)・ジョーカー、その誕生の経緯に焦点が当てられた本作は、全世界では10億ドル、日本でも快挙と言っていい50億円超の興収を記録するメガヒット作となった。

そんな規格外の作品『ジョーカー』が、満を持してついにWOWOWで放送されることに。しかも、1989年『バットマン』から2012年『ダークナイト ライジング』まで、ティム・バートン、ジョエル・シューマカー、クリストファー・ノーランという3人の名監督たちが手がけてきた[『バットマン』4部作編]と[『ダークナイト』トリロジー編]7作品も併せて放送される。

時に(いつも!?)、主役ヒーローであるバットマンをも霞ませるほどの強烈な存在感を放ってきたシリーズの悪役たち。そこで本特集では、彼らにスポットを当てながら、『ジョーカー』とこれまでのシリーズ7作を振り返っていきたい。

悪のカリスマ、その誕生の秘密とは? 言わずと知れた大ヒット作
『ジョーカー』(2019)

【登場する悪役】
■ジョーカー(ホアキン・フェニックス)

全世界で10億ドルを超える驚異のヒットを飛ばした、DCコミック原作のスーパーヴィランストーリー。『バットマン』の悪役として知られるジョーカーの過去を、原作を離れた新しい視点から描く。ゴッサムシティの貧困地区で病弱な母を支えながら、ピエロの仕事で生計を立てる男アーサー。コメディアンになる夢を抱きながらも芽が出ず、冴えない日々を過ごしていた彼は、どのように悪のカリスマとなったのか? 経済格差や犯罪などの社会の現実を見据えたドラマが賞賛され、ベネチア国際映画祭の最高賞=金獅子賞受賞や米アカデミー賞ノミネートなど、アメコミ映画としては異例の高評価を獲得。主演のホアキン・フェニックスはアカデミー主演男優賞を受賞。

『ジョーカー』
監督:トッド・フィリップス
出演:ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロ

【WOWOW放送DATA】
7/25(土)22:00<字幕版> WOWOWシネマ
7/26(日)22:00<吹替版> WOWOWプライム
7/30(木)23:50<吹替版> WOWOWプライム
8/07(金)23:00<字幕版> WOWOWシネマ
8/23(日)25:55<吹替版> WOWOWプライム

(c) 2019 Warner Bros. Entertainment Inc. TM & (c) DC Comics

ジョーカーが強烈な印象を残した、記念すべきシリーズ第1作目
『バットマン』(1989)

【登場する悪役】
■ジョーカー(ジャック・ニコルソン)

DCコミックが生んだスーパーヒーロー、バットマンを一躍、メジャーな存在に押し上げた異才ティム・バートン監督の大ヒットアクション。舞台は犯罪が多発する大都市ゴッサムシティ。街の名士である若き実業家ブルース・ウェインには、コスチュームとガジェットを身に着けて、悪を取り締まるヒーロー、バットマンという、もうひとつの顔があった。そんなある日、悪の権化ジョーカーが恐ろしい陰謀を企てたことから、ゴッサムに破滅の危機が訪れる。ハイテンションで破壊行為を繰り広げ、高笑いするジョーカーが鮮烈な印象を残し、バットマンに勝るとも劣らない人気キャラに。スーパースター、プリンスによる楽曲提供も話題を呼んだ。

『バットマン』
監督:ティム・バートン
出演:マイケル・キートン、キム・ベイシンガー、ジャック・ニコルソン

【WOWOW放送DATA】
7/04(土)19:45[吹替補完版] WOWOWプライム
7/24(金・祝)09:15<字幕版> WOWOWシネマ
8/11(火)10:50[吹替補完版] WOWOWプライム
8/13(木)09:45<字幕版> WOWOWシネマ

(c) Warner Bros. Entertainment Inc.

ティム・バートンが再登板、奇抜なヴィランふたりに注目が!
『バットマン・リターンズ』(1992)

【登場する悪役】
■キャットウーマン(ミシェル・ファイファー)
■ペンギン(ダニー・デヴィート)
■マックス・シュレック(クリストファー・ウォーケン)

ティム・バートン監督が再びメガホンを取り、さらなるバットマンの戦いを描いた[『バットマン』4部作編]の2作目。ゴッサムシティに現われた怪人ペンギン。身体障碍ゆえに赤子の際に捨てられ、地下で育った彼は、ゴッサムへの復讐に乗り出す。そこに、これまた過去を持つ女性、通称キャットウーマンが絡み、事件は大きくなっていく。バットマンは、この危機をどう抑えるのか? 悪役の奇抜なキャラクターに、さらに比重を置いたことで、アウトサイダーに共感の視線を注ぐバートン節が開花。そんなヴィランに影響されてか、前作に続いてバットマンに扮したマイケル・キートンのキャラもマトモに見えなくなってくるのが妙味。

『バットマン・リターンズ』
監督:ティム・バートン
出演:マイケル・キートン、ミシェル・ファイファー、ダニー・デヴィート、クリストファー・ウォーケン

【WOWOW放送DATA】
7/24(金・祝)11:30<字幕版> WOWOWシネマ
8/11(火)13:00[吹替補完版] WOWOWプライム
8/13(木)12:00<字幕版> WOWOWシネマ

(c) Warner Bros. Entertainment Inc

悪役やヒロインに演技派を配置、ロビンも登場したシリーズ第3作
『バットマン フォーエヴァー』(1995)

【登場する悪役】
■トゥーフェイス(トミー・リー・ジョーンズ)
■リドラー(ジム・キャリー)

主要スタッフ&キャストを一新し、正統派のヒーローアクションに舵を切った[『バットマン』4部作編]の3作目。『依頼人』などのヒット作を放ったヒットメーカー、ジョエル・シューマカー監督が、よりエンタメ性の高いドラマに仕立てた。バットマンに怨みを抱く怪人トゥーフェイスが暗躍。この悪党に、天才的な頭脳を持つモラルに欠けたハイテク発明家リドラーが加担したことで、ゴッサムシティの混乱は深刻化。バットマンは頼れる新たな相棒ロビンと共に、この危機に立ち向かう。バットマン役に『セイント』のヴァル・キルマー、ヒロインに後のオスカー女優ニコール・キッドマンという豪華な顔合わせ。悪役のジム・キャリーとトミー・リー・ジョーンズの演技派共演も見逃せない。

『バットマン フォーエヴァー』
監督:ジョエル・シューマカー
出演:ヴァル・キルマー、トミー・リー・ジョーンズ、ジム・キャリー、ニコール・キッドマン、クリス・オドネル

【WOWOW放送DATA】
7/24(金・祝)13:45<字幕版> WOWOWシネマ
8/11(火)15:10[吹替補完版] WOWOWプライム
8/13(木)14:15<字幕版> WOWOWシネマ

(c) Warner Bros. Entertainment Inc.

全盛期シュワちゃんが悪役に! シリーズ屈指の豪華スター共演作
『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』(1997)

【登場する悪役】
■Mr.フリーズ(アーノルド・シュワルツェネッガー)
■ポイズン・アイビー(ユマ・サーマン)

大物アーノルド・シュワルツェネッガーを悪役に迎えた1990年代版[『バットマン』4部作編]の4作目。死別した妻を生き返らせようと実験に執心し、氷の怪物と化してしまった天才科学者。ゴッサムを氷の世界に変えようとする、このヴィラン、Mr.フリーズに、バットマンと相棒ロビンが戦いを挑む。彼らの新たな味方として女子高生ヒロイン、バットガールが参戦。一方のヴィラン側には、オタクな女性植物学者の変身体である悪女ポイズン・アイビーが加わる。前者にアリシア・シルバーストーン、後者にユマ・サーマンという人気女優が共演。また、バットマン役のジョージ・クルーニーは本作をステップにして、大スターの道を驀進することになった。ともかく、シリーズ屈指の豪華スター共演は必見!

『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』
監督:ジョエル・シューマカー
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、ジョージ・クルーニー、ユマ・サーマン、クリス・オドネル、アリシア・シルヴァーストーン

【WOWOW放送DATA】
7/24(金・祝)16:00<字幕版> WOWOWシネマ
8/11(火)17:15[吹替補完版] WOWOWプライム
8/13(木)16:30<字幕版> WOWOWシネマ

(c) Warner Bros. Entertainment Inc.

新シリーズ始動! クリストファー・ノーランが描くバットマン誕生秘話
『バットマン ビギンズ』(2005)                                       

【登場する悪役】
■スケアクロウ(キリアン・マーフィー)

『ダンケルク』の鬼才クリストファー・ノーラン監督の新たな視点により甦った[『ダークナイト』トリロジー編]の1作目。先のシリーズにあった漫画っぽさを排除し、シリアスなドラマを重視して、従来のバットマンのイメージを一新した。幼少期に両親を殺害され、街の悪にどう立ち向かうべきかを考え続けるブルース・ウェイン。謎の組織“影の同盟”の導師の下で肉体的かつ精神的な鍛錬を積み、ゴッサムシティに戻った彼は漆黒のヒーロー、バットマンとして悪に挑む。そんな彼の前に、意外な敵が立ちはだかり……。後にアカデミー賞俳優となるクリスチャン・ベールが、主人公ブルースの苦悩を体現。豪華キャストの中でも、渡辺謙のカリスマ的な存在感が光る。

『バットマン ビギンズ』
監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベール、渡辺謙、マイケル・ケイン、リーアム・ニーソン、モーガン・フリーマン、ゲイリー・オールドマン、ケイティ・ホームズ、キリアン・マーフィー、トム・ウィルキンソン、ルドガー・ハウアー

【WOWOW放送DATA】
7/25(土)13:45<字幕版> WOWOWシネマ
8/08(土)15:00<吹替版> WOWOWプライム
8/14(金)12:45<字幕版> WOWOWシネマ

(c) Patalex III Productions Limited

ジョーカー=ヒース・レジャーの鬼気迫る熱演に世界が震えた!
『ダークナイト』(2008)                                 

【登場する悪役】
■ジョーカー(ヒース・レジャー)
■トゥーフェイス(アーロン・エッカート)
■スケアクロウ(キリアン・マーフィー)

世界興収10億ドルを超える特大のヒットを飛ばしたばかりか、全米賞レースを席巻してアメコミ映画のイメージを一新した[『ダークナイト』トリロジー編]の2作目。目的もなく、ただ悪事を笑って楽しむ最強のヴィラン、ジョーカーがゴッサムシティで暗躍。街の正義を守ろうと理想に燃える判事ハービー・デントが、そのターゲットとなった。バットマンことブルースは、この難敵の罠によって、自身の正義感を試されることになる。デントが悪に転じたトゥーフェイスのキャラもドラマチックだが、何よりジョーカー役の圧倒的なカリスマ性に目を奪われる。この役でアカデミー賞をはじめ多くの映画賞を独占した故ヒース・レジャーの鬼気迫る熱演に注目。

『ダークナイト』
監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン、マギー・ギレンホール、キリアン・マーフィー

【WOWOW放送DATA】
7/25(土)16:15<字幕版> WOWOWシネマ
8/08(土)17:30<吹替版> WOWOWプライム
8/14(金)15:15<字幕版> WOWOWシネマ

(c) Warner Bros. Entertainment Inc. BATMAN and all related characters and elements are trademarks of and (c) DC Comics.

キャストも物語も演出もすべてが規格外のノーラン版完結編
『ダークナイト ライジング』(2012)                             

【登場する悪役】
■キャットウーマン(アン・ハサウェイ)
■ベイン(トム・ハーディ)
■スケアクロウ(キリアン・マーフィー)

これまで以上の豪華キャストが集結した[『ダークナイト』トリロジー編]の完結編。亡きデントの罪を被ってバットマンが姿を消してから8年。ゴッサムシティの犯罪発生率は低下し、街に平和が戻ったかに見えた。だが、ブルースは自社乗っ取りの危機に直面。さらに、ゴッサムには都市破壊を企てる男ベインの魔の手が迫っていた。バットマンの復活、街の希望となるキャラの登場、ラスボスの意外な正体など、ドラマチックな要素には事欠かない。アクションも強力で、CGをいっさい使用しないストリート合戦のクライマックスは圧巻!

『ダークナイト ライジング』
監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベール、アン・ハサウェイ、トム・ハーディ、マリオン・コティヤール、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマン、キリアン・マーフィー

【WOWOW放送DATA】
7/25(土)19:00<字幕版> WOWOWシネマ
8/08(土)20:10<吹替版> WOWOWプライム
8/14(金)18:00<字幕版> WOWOWシネマ

(c) Warner Bros. Entertainment Inc. and Legendary Pictures Funding, LLC

『バットマン』&『ダークナイト』シリーズの悪役を語りつくす!
映画ライター座談会はコチラ!

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む