Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

映画へと連動する超巨大プロジェクト
『連続ドラマW 太陽は動かない -THE ECLIPSE-』特集

5 月24日(日)よりスタート(全6話/第1話無料放送)
毎週日曜夜10時よりWOWOWプライムにて放送

©吉⽥修⼀/幻冬舎 ©2020 WOWOW

PR

『連続ドラマW 太陽は動かない -THE ECLIPSE-』特設サイト

まずはドラマ版を見て映画に備えよ!
藤原竜也×竹内涼真 共演のノンストップ・サスペンス

いよいよ今年最大のスケールとも噂される話題のメガプロジェクトが幕を開ける。質の高い作品を多数送り続け、熱い支持を集めているWOWOWの「連続ドラマW」シリーズ。その中でも究極のハイクオリティを誇り、劇場公開映画と連動する破格の傑作エンタテインメントの誕生だ。

主演に藤原竜也。その新人相棒役に竹内涼真。旬のトップキャストが待望の初共演。このふたりが抜群のコンビネーションで魅せる秘密組織のエージェントが、国家をまたにかけて縦横無尽に活躍する。彼らは心臓に爆弾を埋め込まれ、24時間ごとに死の危険が迫る ──。常に命のタイムリミットとの闘いの中で過酷な任務の遂行を目指す。スターキャストで贈る熱いストーリーと決死のサスペンス。この面白さは一度観始めると止められない!

『MOZU』『海猿』シリーズの羽住英⼀郎監督が手掛ける
ドラマから映画へと連動する超巨大プロジェクトがついに始動!

『悪人』や『怒り』などの人気小説家・吉田修一のベストセラー「鷹野一彦シリーズ」をもとに、ドラマ版では原作者監修のオリジナルストーリーを展開。諜報組織のエージェントコンビが命がけで活躍するひりひりした世界観はそのままに、時系列やエピソード、数々の伏線や仕掛けなどが、原作小説を忠実かつダイナミックに映画化した劇場公開版へとつながっていく。

全6話の監督を務めたのは、映画版と同じく羽住英一郎。本格海洋アクション映画『海猿 ウミザル』シリーズなど、エンタテインメント超大作を成功に導いてきた日本有数のヒットメーカーだ。テレビドラマと映画を越境した企画には刑事ドラマ『MOZU』もある。アクションもドラマも熱く描きあげる羽住監督の手腕が遺憾なく発揮。また昨年1月のメジャーデビューから破竹の快進撃を続けるKing Gnuの新曲「泡」が、ドラマ&映画のプロジェクト共通主題歌として、本編を彩る。

(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020 映画「太陽は動かない」製作委員会

映画版『太陽は動かない』 近日公開

全人類の未来を決める次世代エネルギーの極秘情報をめぐり、世界各国のエージェントたちが動き出すストーリー。「鷹野一彦シリーズ」の『太陽は動かない』と『森は知っている』が原作。日本国内での撮影に加え、東欧ブルガリアにて約1ヶ月に及ぶ海外ロケを敢行。市街地でのカーアクションや爆破シーン、列車を丸ごと借り切り終日走行させながらの撮影など、日本映画では超異例尽くしのスケール感溢れる映像を作り出した。

国際博覧会招致競争の裏に隠された巨大利権と、それに群がる
日本政界……。諜報組織「AN 通信」のエージェントが挑む事件とは⁉

謎に包まれた日本の諜報組織が、世界を股にかけて暗躍していた。組織の名は「AN通信」。表向きは小さなニュース配信会社を装っているが、そこに所属する精鋭エージェントは特殊訓練を受けたプロフェッショナルたち。諜報員は24時間ごとに本部へ定期連絡しなければ、胸に埋め込まれた爆弾チップが発動し、5分で爆死する。

AN通信の凄腕エージェント・鷹野一彦(藤原竜也)は、新人の田岡亮一(竹内涼真)と共に、3年後の東京開催が迫っている国際都市博覧会の建設現場に潜入していた。そこから招致競争の裏に隠された巨大利権の存在と、それに群がる日本政界の要人たち、さらにドラマ版の半年後を描く映画版のストーリーにもつながるアジアの大国の思惑が明らかとなっていく。完全無欠のスペシャリスト・鷹野と、粗削りで脆い新米の田岡。失敗すれば、即爆死。誰が敵で、誰が味方かもわからない。初めてタッグを組む先輩後輩コンビの運命の行方は? 襲いくる数々の困難を乗り越え、今日を生きられるか ──。令和日本を蝕む、巨大な陰謀に立ち向かう2人の活躍を目撃せよ。

ドラマ版を見れば映画版の楽しさも感動も倍増!
コンビ結成秘話やバックグラウンドなどより濃密な人間ドラマが展開!

藤原竜也と竹内涼真が演じる「AN通信」の鷹野×田岡 ──映画版では組織屈指の名コンビとして登場する2人だが、ドラマ版ではまだ田岡が“新人”だった頃のコンビ結成秘話と、彼らのよりパーソナルなバッググラウンドが描かれる。さらには過去の因縁から日本政界の闇を追い続け、やがてAN通信の存在に迫るNPO職員・落合や、政界のフィクサー・中尊寺を支える秘書・永島。そこに怪しく急接近してくる中国の大企業の役員・周や、鷹野の前に立ちはだかる過去の亡霊・桜井など、様々な登場人物たちが交錯。それぞれの隠された過去も明らかになり、濃密な人間模様を紡いでいく。

藤原&竹内をはじめ、佐藤浩市や市原隼人らが演じる主要キャラクターは映画版と共通しつつ、安藤政信、多部未華子、柿澤勇人、酒向芳、石橋蓮司、吉田鋼太郎など、ドラマ版のみの豪華キャストが火花を散らす。 本作のパワーポイントはなにより強烈なキャラクターの魅力。とりわけ未熟さの残る田岡が過酷なミッションに直面し、絶体絶命のピンチを潜り抜けていく中で一人前のエージェントになっていく ──そんな成長物語としての感動と楽しさに満ちている。そして田岡を実践で鍛えていく先輩・鷹野のクールな頼もしさ。異なる個性のふたりが運命を共にし、やがて信頼と絆を通わせていくバディムービーとしての醍醐味が満載なのだ。

鷹野一彦(藤原竜也)

AN通信のトップエージェント。明晰な頭脳と突出した身体能力を合わせ持ち、どんな危機にも冷静沈着に判断を下す、真のプロフェッショナル。いかなる局面でも感情を表に出さないが、実は内側に熱い想いを秘めている。

田岡亮一(竹内涼真)

AN通信の若手エージェント。勇敢で行動力もあるが、心臓の起爆装置の恐怖が頭から離れないなど、精神的な弱さもある。常にブレない先輩の鷹野に反発心を見せつつも尊敬している。

風間武(佐藤浩市)

AN通信の司令塔で、鷹野たちの上司。ある事件で重傷を負ってから車椅子生活を送る。アジトで本部とやり取りしながら、部下たちに指示を出す。少年時代の鷹野を引き取り、百戦錬磨のエージェントとして育て上げた。

桜井修(安藤政信)

かつてAN通信に所属し、新人時代の鷹野の先輩にして相棒だった。8年前、任務遂行中に鷹野の眼前で死んだはずだったが……。

落合香(多部未華子)

NPO法人の職員。ボランティア医師だった父が海外紛争地帯で武装勢力に拘束され、日本の政治家たちに見殺しにされた過去を持つ。当時、与党幹事長だった中尊寺に今もなお恨みを持ち、彼の周辺事情を独自に調べている。

山下竜二(市原隼人)

AN通信の優秀なエージェント。本部の指令により香港の裏社会に潜入中。タフな心身とズバ抜けた頭脳で難局を切り抜けていく。鷹野の同僚であり、かつては田岡の指導に当たっていた。

中尊寺信孝(石橋蓮司)

かつて副総理も務めた大物政治家。都市博建設地の利権をめぐる謀略の中心に鎮座する。AN通信を利用して情報戦を操り、政界のフィクサーとして君臨するが、国政を揺るがす巨大利権抗争の波に呑み込まれていく。

永島徹(吉田鋼太郎)

政治家・中尊寺の秘書。国際都市博覧会の建設地の土地利権をめぐり、中尊寺の計画を乗っ取ろうとしている中国企業勢力との交渉に奔走する。表向きは忠実に中尊寺を支えながらも、裏では叛逆の牙を研いでいる曲者。

Text:森直人

WOWOW 『連続ドラマW 太陽は動かない -THE ECLIPSE-』
5月24日(日)スタート(全6話、第1話無料放送)
毎週日曜夜10時よりWOWOWプライムにて放送

ストーリー原作:吉田修一
脚本 :林民夫
音楽 :菅野祐悟
主題歌:King Gnu「泡」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
監督 :羽住英⼀郎
出演 :藤原竜也 竹内涼真 安藤政信 多部未華子 市原隼人
柿澤勇人 金井勇太 日向亘 / 酒向芳 宇梶剛士 白羽ゆり 松本実 小市慢太郎
石橋蓮司 吉田鋼太郎 / 佐藤浩市 
制作会社:ホリプロ・ROBOT

https://www.wowow.co.jp/drama/original/taiyodrama/

アプリで読む