Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

新田真剣佑と北村匠海が入れ替わるきっかけが明らかに 『サヨナラまでの30分』特報映像

リアルサウンド

19/10/8(火) 6:00

 新田真剣佑と北村匠海がW主演を務める映画『サヨナラまでの30分』の公開日が2020年1月24日に決定し、特報映像とティザービジュアルが公開された。

 本作は、『君と100回目の恋』の大島里美がの脚本を手がけ、『東京喰種 トーキョーグール』の萩原健太郎が監督を務めた青春音楽ラブストーリー。

 1年前に死んだバンドミュージシャンのアキ(新田真剣佑)は、明るくて物おじせず、率先して人を引っ張っていく前向きな性格だった。そんなアキとは正反対の性格で、人と関わることが苦手な大学生の颯太(北村匠海)は、就職活動も失敗ばかり。ある日、颯太はカセットテープを拾う。それが再生されるたった30分間だけ、颯太の体の中身は死んだはずのアキになる。出会うはずのない二人を繋いだカセットテープは、アキが遺したものだった。颯太の体を借りて、アキは恋人やバンド仲間に会いに行く。それは颯太と彼女との出会いでもあった。アキと颯太の歌が彼女に届くとき、3人の世界が大きく変わり始める。

 バンド仲間役に葉山奨之、上杉柊平、清原翔が名を連ね、ヒロインの村瀬カナ役で久保田紗友が出演する。

【動画】『サヨナラまでの30分』特報

 特報映像は、アキが「俺のこと見える人! 聞こえる人!」と声を上げるが、道行く人々は誰も気付かないシーンから幕を開ける。明るく物怖じしない前向きな性格のアキと、人と接することが苦手で引っ込み思案の颯太の紹介カットを挟み、2人が入れ替わるきっかけが明らかになる。アキが率いていたバンド「ECHOLL」のメンバーであり恋人のカナ(久保田紗友)、メンバーのヤマケン(葉山奨之)、重田(上杉柊平)、森(清原翔)の3名とのセッションシーンや自転車を漕ぐ颯太、儚げにこちらを見つめるアキの様子が映し出されている。

 あわせて公開されたティザービジュアルには、プールサイドで分断されたアキと颯太の姿が切り取られている。

(リアルサウンド編集部)

アプリで読む