Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

写真提供:株式会社キューブ

樋口尚文 銀幕の個性派たち

山西惇、イメージが巨大化する異貌

隔週連載

第26回

19/6/20(木)

 傑作コメディを放ち続ける劇団ラッパ屋の最新公演『2.8次元』がめっぽう面白く、それは伝統はあれどすっかり流行らない新劇の劇団が稼ぎのために不本意ながら「2.5次元」演劇に参加してみる、という物語だった。そこで別に団員たちがおんぼろ稽古場で、なぜ自分たちはテレビから声がかからないのか(テレビに出るのがえらいとは思わないけれど)と考えるくだりがあって「やっぱりテレビが求めるのはキャラだからな。俺たちキャラ薄いし」みたいなシニカルな台詞で笑わせるのだが、確かに小劇場出身の俳優でメジャーなドラマ作品のレギュラーになる人たちは、どこか一発芸の芸人さんすれすれの見た目の面白さが買われていることが多いだろう。

アプリで読む