Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

内田勘太郎×甲本ヒロトによるブギ連、純度100%のブルースに取りつかれたライブを観た

リアルサウンド

19/10/5(土) 12:00

 9月27日金曜日、東京キネマ倶楽部でブギ連を観た。なにしろ内田勘太郎と甲本ヒロトというスーパーユニットゆえ、ライブの出現率は極めて稀で、『ブギる心』と題した1stツアーは東名阪でわずか4本、しかもキャパ数百人の小バコばかり、とんでもないチケット争奪戦だったことは想像に難くない、この日のオーディエンスは本当にラッキーだ。

 午後7時半ちょうど、「Yes Sir,I Can Boogie」の賑やかなBGMに乗って2人が登場。椅子に座るやいなや勘太郎のスライドが火を吹き、ヒロトがブルースハープをブカブカ鳴らして〈あ~ブギる心〉と唸る、ド迫力のパフォーマンスに空気がビリビリ震える。アルバム『ブギ連』には未収録の「ドゥー・ザ・ブギー」だ。そのままスライドソロを経て「あさってベイビイ」へ。ギター1本なのになぜかベースもドラムも聴こえるような超絶奏法が炸裂。ヒロトが口を開けながらニコニコして勘太郎のプレーを見つめている。いきなりギターの弦が切れるというハプニングに「何かの呪いだな」とヒロトが笑う。2人の息はぴったりだ。アルバム未収録の「オラ・ネル・ブルース」は、同名のブルースのスタンダードが元ネタだろう。歌詞は〈おら寝る〉の洒落で、〈ふっとんでけ〉という歌詞も洒落が効いてる。ヒロトはこういう作詞が本当にうまい。

「今日も嬉しいな。みんな甲本先生のおかげだな」

「そうだったの?」

「そうだよ。ずっと敬語だもん。リーダーだから」

「……やりづれー(苦笑)」

 2人ののんびりしたやりとりも、ブギ連ライブの大きな魅力。“2人で最初に合わせた曲を”という紹介で歌われた、勘太郎が日本語詞をつけた「ひたすらハイウェイ」の軽快なリズムが楽しい。「誰かが見てる」ではなぜか「ジングルベル」のフレーズを、「バットマン・ブルース」では「Smoke on the Water」(Deep Purple)の一節を繰り出す、勘太郎のアドリブプレーに会場が大いに沸いた。ヒロトは相変わらず少年のまなざしで勘太郎のプレーを見ているが、マイクに向かう姿は凄腕ベテランブルースマンそのもの。「闇に無」の、叫び、唸り、伸ばし、叩きつける歌声が凄まじい。いやはや、なんてうまいボーカリストだろう。負けじと勘太郎も、自身のオリジナル「グッバイ クロスロード」で味のあるボーカルを聴かせる。アッパーなロッキンブルースにフロアもノリノリだ。誰かが「ヒロト楽しいね」と呼びかける。ヒロトは何度もうなずいて「めちゃめちゃ楽しい!」と返す。ヒロトはいつだって本音だが今日は特別に素直に見える。


 伝説のブルースマン、サニー・ボーイ・ウィリアムソンの話を2人がしている。サニー・ボーイを名乗るブルースハープ奏者は第二次大戦前と後に2人いて、勘太郎に「ヒロトさんが2人の特徴を吹き分けます」と紹介されたのは、ヒロト作のインストゥルメンタル「ロケット18」。明るく勢いあるブギ調のリズムに乗って、ベンド、トリル、ビブラートなど、正確な技術でハープを吹きまくるヒロトの独壇場だ。ザ・クロマニヨンズでもハープは吹くが、ここまでずば抜けたスキルの持ち主だとは、ブギ連を聴いて初めて知った人は多いはず(筆者もその1人)。

 The MetersやThe Neville Brothers、さらには憂歌団の話も飛び出した、和気あいあいのMCを経て後半のスタートを飾った「軽はずみの恋」。これが出色の出来栄えで、ワンコーラス歌い終えたあとに思わず拍手が湧いた。ブルースによくある切なく報われない恋の歌を、時にロマンチックに時に劇的に、叫び囁くヒロトの歌の力に震える。その余韻を断ち切ってアップビートで突っ走る「ナマズ気取り」、そして「ヘビが中まで」。ヒロトは手をくねくねしてヘビの真似をしている。勘太郎がどこまでも高揚していく凄いソロを弾いた。思わず「内田勘太郎すげーな!」と叫ぶヒロト。ブギ連はステージの上にもお互いのファンがいて、どこを見渡しても愛しか感じない。

 「オイラ悶絶」は、間違いなくこの日のベストパフォーマンスの一つ。椅子からはみ出しマイクをひっつかみ、目をむき出してフルパワーで歌うヒロトの鬼気迫る歌声には、口をあんぐり開けて見入るしかない。ヒロト凄ぇ。そのままアイコンタクトを交わして「腹のほう」へ繋ぎ、本編ラスト「ブギ連」へ。真っ赤なライトに照らされて、勘太郎の悪魔のスライドが吠え、ヒロトの神がかった歌が炸裂する。ヒロトが自ら手拍子を求め、会場がグルーヴで一つになる。これを本当の一体感というのだろう。今この瞬間、ここにいる全員がブギ連になる。

 アンコール。未発表曲「おえりゃあせんのう」は、一番が勘太郎で二番がヒロト、狐憑きの物語をユーモラスに歌う岡山弁の民話ブルースで、「おえりゃあせんのう」という2人の決めゼリフがなんともおかしい。続く「ラブ・ミー・テンダー」は誰もが知るエルヴィス・プレスリーの日本語カバーだが、〈愛しておくれ柔らかく〉というこの歌詞はヒロトのものだろうか? 優しく愛おしく囁くように、こんなに柔らかいヒロトの歌は初めて聴いた気がする。ひとこと「最高」とつぶやくしかない。そしてアルバムからの「ブルースがなぜ」を歌い終わると、いよいよ本当のラストチューン。

「ありがとうございました。おうちに帰るまでがブギ連です。そして明日自慢してください」

 ヒロトの挨拶に続く最後の曲は「道がぢるいけえ気ィつけて行かれえ」。語るように歌うヒロトの声のあたたかさ、今日イチの長ロングトーンが聴けた情緒たっぷりのブルースハープ、そして〈ほなな〉という愛情こもった別れの言葉。手を繋いでステージを去る2人は満面の笑みだった。ブルースに取りつかれた2人による純度100%のブルースユニット、ブギ連。ここには音楽を愛する者が絶対に忘れてはいけない何かがある。またいつか聴けるチャンスがあれば、決して見逃してはいけない。

(文=宮本英夫/写真=柴田恵理)

ブギ連 ソニーミュージック オフィシャルサイト

アプリで読む