Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

NYの日本人高級クラブ舞台のアメリカ・日本合作映画『MAKI マキ』11月公開 原田美枝子も出演

リアルサウンド

18/9/7(金) 12:00

 映画『MAKI マキ』が、11月に日本公開されることが決まり、ポスタービジュアルが公開された。

参考:小野寺系の『ちいさな英雄』評:監督たちの才能とスタジオポノックの未来を読む

 本作は、『CUT』のアミール・ナデリ監督に師事し、本作が2作目となるイラン出身の新鋭女性監督ナグメ・シルハンの監督作。ニューヨークの日本人高級クラブを舞台に、英語も話せないままアメリカ人の彼氏を追って日本を飛び出したマキら、居場所を求めてさまよう女性たちの孤独な愛の行方を描き出す。

 主人公のマキを演じるのは、モデル出身でアートディレクターでもあるサンドバーグ直美 。サンドバーグにとって、本作が初の映画出演となる。クラブオーナー・ミカ役を原田美枝子が務め、ニューヨークの日本人コミュニティにおけるゴッドマザーを存在感たっぷりに体現。マキを愛しながらもミカのコントロール下を逃れられないトミー役には、ブロードウェイで活躍する俳優ジュリアン・スィーヒが名を連ねた。

 原田の出演は、ナデリ監督の『CUT』のプロデュースを手がけ、アッバス・キアロスタミ監督の『ライク・サムワン・イン・ラブ』にも監督補として参加したプロデューサー、ショーレ・ゴルパリアンが、日本側のプロデューサーとして尽力し結実。ゴルパリアンと原田の力添えは大きく、ニューヨークで俳優になることを夢見ている若者たちを多く起用することに成功した。

 今回されたポスタービジュアルは、ニューヨークの夜に生きるマキの孤独をスタイリッシュに表現。恋人と寄り添い合っていても、友人に囲まれても、どこか孤独な漠然とした不安を、表情一つで語るマキの姿が印象的なビジュアルとなっている。

【ナグメ・シルハン監督 コメント】
『MAKI』は一貫して「愛」を語る物語です。長年の協力者であり師匠でもあるアミール・ナデリ氏に本作のアイディアを相談した時、ナデリ氏は日本を舞台にした『CUT』をちょうど撮り終えた頃で、マキを演じる若い日本人女性を見つけるよう勧めてくれました。私は映画学校で知った黒澤、小林、溝口、木下といった日本の映画監督たちの作品に親しんできましたし、三島由紀夫、村上春樹、小川洋子といった近現代の日本文学の熱心な読者でもあります。いつも日本文化に魅了され、もっと知りたいと思い続けてきました。また、若い日本人が多いイーストビレッジに何年か住んでいたことがあるので、日本人コミュニティとの関わりがありました。私は人が何かをつかんで逃すまいとする時に過去の一部を捨て去る、その過程に関心があります。アメリカに住むイラン人として、私にはこの双対性が嫌というほどよく分かるからです。移民の時代ともいえる現代において、これは多くの人にとって身近なテーマであり、また今も私を捉えて離さないのです。

(リアルサウンド編集部)

アプリで読む