Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「あみこ」ポスタービジュアル

ニヒリストに恋した女子高生描く、ベルリン国際映画祭出品「あみこ」公開

ナタリー

18/8/8(水) 12:00

第68回ベルリン国際映画祭フォーラム部門に正式出品された山中瑶子の監督作「あみこ」が、9月1日から7日まで東京・ポレポレ東中野にて1週間限定でレイトショー公開される。

PFFアワード2017で観客賞を受賞した「あみこ」は、山中がスタッフとキャストをSNSで探し出し、19歳から20歳にかけて独学で撮り上げた処女作だ。主人公は「人生がんばったって仕方がない。どこへ行こうが意味はない、どうせ全員死ぬんだから」という人生観を持つ女子高生・あみこ。彼女が、自分と同じニヒリストでありながらサッカー部の人気者でもある“アオミくん”に恋をして暴走していくさまが描かれる。現在、YouTubeでは予告編が公開中。

北米最大の日本映画祭であるJAPAN CUTS ~ジャパン・カッツ!で、本作を鑑賞した坂本龍一のコメントも到着した。「久しぶりに爽やかな日本映画を観た気がする。何というか映画の後味が爽やか。そして若い。そう、60年代初頭に登場したヌーヴェル・ヴァーグの映画のような軽さと滑稽さ、痛さとテンポが感じられる。今後の作品が楽しみだなあ」と絶賛している。

(c)Yoko Yamanaka

アプリで読む