Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

楊さちこの 目指せ、開運体質! 今日の風水診断

“肺”を潤し心と体の巡りを良くしよう!

毎週月曜更新

第18回

19/10/28(月)

ふつうの“占い”とはひと味違う!
誰もが開運体質になるための風水指南


古代中国の思想・風水学は“環境の健康”のための学問です。健康を整えるためには、春夏秋冬の気候に沿った生活が基本! そこで『今日の風水診断』では、四季に沿った開運体質作りに役立つことと、その日に実践すれば良いことなどを、すべての皆様を対象に指南します。

風水診断は、星座占いや血液型占いと違い、“大安”や“一粒万倍日(大安と並び縁起が良いとされる吉日)”などのように、みなさま同じ診断結果となります!

2019年10月21日~10月27日

秋は葉が落ちて果実が実り、動物は冬眠の準備をする季節。五行説(万物は“木・火・土・金・水”の5種類の元素からなるという自然哲学の思想)で考える秋の五臓は“肺”。

臓器の肺を含む呼吸器全般と共に、皮膚の状態や水分代謝にも関わってきます。“肺”が弱ると、憂いや悲しみという感情が現れます。悲しみで泣く、鼻水が出る、ため息をつく……。これは“肺”が呼吸や水分代謝、悲しみなどの感情を支配しているためです。なので“肺”を潤すことで、心も体も巡りが良くなり、自然にプラス思考になっていきます。

寒さを感じる夜には肺を潤し、お肌が喜ぶ、あったか湯豆腐を食べましょう! 薬味(生姜やネギ)をたっぷりのせていただくことで、さらに体ぽかぽか。弱った胃を癒す効果もありますよ。

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む