Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

鈴木杏(c)INAGAKI JUNYA

柴幸男「大工」がNHK-FMでラジオドラマに、出演は鈴木杏・吹越満ら

ナタリー

18/7/19(木) 16:50

オーディオドラマ「大工」が、7月28日22:00からNHK-FMで放送される。

「大工」は、柴幸男が多摩美術大学演劇舞踊デザイン学科のゼミ上演実習のために執筆した作品。昨年2017年には同学科の卒業公演として東京で上演された。ラジオドラマとなる今回は、演出を小島東洋、音楽を蓮沼執太が担当し、ベートーベン「第九」のリズムに乗せた物語を立ち上げる。舞台は建築が発展し、大工が人々の憧れとして働く世界。家を失くした身寄りのない少年は、ある日大工の棟梁と出会う。すべての人が暮らす最も大きな家“国家”の建設を夢見る棟梁に憧れた少年は、彼の弟子となり……。

出演者には少年役の鈴木杏、棟梁役の吹越満をはじめ、田中要次、山下容莉枝、山崎一、村岡希美らが名を連ねるほか、ナレーターとして富田靖子が登場する。出演に際し鈴木は「以前から好きだった柴幸男さんの作品に参加できること、また『大工』という素晴らしい世界に犬として存在出来て、とても嬉しく、また楽しい、貴重な体験でした」とコメントしている。

なお本作はネットラジオ「らじる☆らじる」にて同時配信され、7月30日から8月6日まで聴き逃し配信が実施される。

鈴木杏コメント

以前から好きだった柴幸男さんの作品に参加できること、また「大工」という素晴らしい世界に犬として存在出来て、
とても嬉しく、また楽しい、貴重な体験でした。
私も早く出来上がった作品を聞きたいです。
ベートーベンの「第九」とともに、「大工」のおはなし。ぜひ、お聴きください!

吹越満コメント

最近、折りにつけ感じていたのは、歌える・演奏できる・楽譜が読めるなど音楽の素養のあるひとが羨ましいということ。
「お芝居にBGMとして音楽を乗せる」と「音楽に合わせて台詞を収める」は全く違う作業だ。僕には無理だ。
ベートーヴェンの交響曲なんて。この作品のたった一日での録音は、アンサンブルで出演されているメンバーなくして出来なかったと思う。
彼女たちのお陰です。
僕がなぜこんなことを言うのかは、番組を聞いて頂ければ分かると思います。

富田靖子コメント

こんなラジオドラマが、あるのか! 驚きの連続でした!
しかし私はナレーション……
皆さんの熱いセリフと音楽にジェラシーを感じながらの素晴らしい収録でした。
ベートヴェン「第九」のラジオドラマ「大工」! ご期待ください!

NHK-FM FMシアター「大工」

2018年7月28日(土)22:00~22:50

脚本:柴幸男
演出:小島東洋
音楽:蓮沼執太
出演:鈴木杏、吹越満、富田靖子 / 田中要次、山下容莉枝、山崎一、村岡希美 / 高月彩良、森優作、安藤ニコ、田村健太郎 / 武藤圭吾、中村るみ、荒木知佳、石川貴大、奥萌、平井貴大、望月卓哉

アプリで読む