Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

LiSA、山崎賢人主演『夏への扉』主題歌を担当 本予告&ポスターも

ぴあ

20/12/18(金) 7:00

『夏への扉』 (c)2021 映画「夏への扉」製作委員会

映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』が2021年2月19日(金)に公開される。この度、本予告映像と本ポスター、主題歌がLiSAの「サプライズ」であることが発表された。

本作は1956年にアメリカで発表され、ハリウッド映画に多大な影響を与えたロバート・A・ハインラインの小説『夏への扉』が原作。罠にはめられ、すべてを失った科学者が未来を変えるため30年の時を超える冒険が描かれる。

監督を務めたのは『フォルトゥナの瞳』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の三木孝浩。科学者の高倉宗一郎を演じるのは、興業収入57億円を突破した『キングダム』に演じた俳優・山崎賢人。孤独を抱える宗一郎を家族のように大切にした恩人の娘・璃子役に来年NHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』の主演が決定している清原果耶、30年後に目覚めた宗一郎に力を貸すヒューマノイドロボット役に藤木直人、宗一郎の婚約者・白石鈴役に夏菜といった豪華キャストが集結した。

加えて、眞島秀和が宗一郎の会社で共同経営者を担う松下和人役、ネプチューンの原田泰造が謎の鍵を握る男・佐藤太郎役に、高梨臨は佐藤の妻・みどり役、浜野謙太が宗一郎が冷凍睡眠から目覚めた2025年で宗一郎にヒントを与えるある会社の経営者であり科学者・坪井強太役、田口トモロヲが2025年で宗一郎を待ち続けていた物理学者・遠井教授役を務める。



公開された予告編は、山﨑演じる宗一郎、清原演じる璃子、そして冬が嫌いで「夏への扉」を探すため家中の扉を開ける飼い猫ピートの登場から始まる。しかし穏やかなシーンから一変、宗一郎は何者かに罠にはめられ、冷凍睡眠(コールドスリープ)させられてしまう。そして宗一郎が目を覚ざめたのは30年後、研究の成果が奪われ、璃子をも失ってしまった絶望の世界だった。

愕然とする宗一郎は、藤木演じる人間にそっくりなロボットの力を借りながら、璃子を救うために30年の時空を超えて未来を変えるために動き出す。果たして宗一郎は、奪われた未来を取り戻すことができるのか。そして大切な璃子を救うことができるのか。

<LiSAコメント>
時を越えて、世界中で愛されてきた小説が映画化されるという機会に、主題歌を担当させていただけることを嬉しく思います。
予期せぬ今日に臆病になったり、それでもやっぱり未来を信じたくなったり。
そばにあるものの大切さと尊さを感じることができる私たちの心に、予想を超えて寄り添える”サプライズ”のような歌になればと願います。

※山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記。

『夏への扉 ーキミのいる未来へー』
2021年2月19日(金)公開

アプリで読む