Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

イーライ・ロス監督『ルイスと不思議の時計』10月公開 高山みなみがナレーションの本予告映像も

リアルサウンド

18/7/31(火) 9:00

 ジャック・ブラックとケイト・ブランシェットが出演する映画『The House with a Clock in Its Walls(原題)』が、『ルイスと不思議の時計』の邦題で10月に公開されることが決まり、本予告映像と本ポスタービジュアルがあわせて公開された。

 『ホステル』『グリーン・インフェルノ』のイーライ・ロスがメガホンを取る本作は、“ハリー・ポッターの原点”ともいわれるジョン・ベレアーズ著書を映画化したマジックファンタジー。

 両親を亡くした少年ルイスは、二流のポンコツ魔法使いである叔父のジョナサン(ブラック)と隣に住むきれいで優しい魔女ツィマーマン(ブランシェット)の2人と共に、時計がいっぱいの古い屋敷で不思議な暮らしを始めることになる。ある日、屋敷に世界を破滅へと導く“時計”が隠されていることを知ったルイスは、2人の魔法使いと“時計”を探し出して謎を解き、世界を救おうと奮闘する。

 主人公ルイスの日本語吹き替えを担当するのは、『名探偵コナン』の江戸川コナン役でも知られる高山みなみ。公開された本予告映像では、高山が吹き替えるルイスがナレーションを務めており、映像冒頭でなされる「僕の名前は、ルイス!」という自己紹介は、かの有名アニメのオープニングシーンを彷彿させる。 (リアルサウンド編集部)

アプリで読む