Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「Halloween(原題)」

40年後の殺人鬼ブギーマン描く「ハロウィン」続編が4月公開

ナタリー

18/10/31(水) 12:00

ジョン・カーペンター監督作「ハロウィン(1978年)」の続編にあたる「Halloween(原題)」が、2019年4月に日本公開される。

「ハロウィン(1978年)」は、精神病棟を脱出した殺人鬼“ブギーマン”ことマイケル・マイヤーズが、ハロウィンの夜に起こす残虐な犯行を描く作品。カーペンターが製作総指揮と音楽を担当した新作「Halloween」では、その40年後の物語がつづられる。劇中には、1978年の事件での唯一の生存者ローリー・ストロードが登場。精神病棟に収監されたブギーマンが再び目の前に現れることを想定し訓練を続けていたローリーだったが、40年後のハロウィンにその悪夢が現実のものとなる。

ローリーを演じるのは、1978年版と同じくジェイミー・リー・カーティス。「ゲット・アウト」のジェイソン・ブラムが製作を手がけ、「ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~」のデヴィッド・ゴードン・グリーンが監督を務めた。

なお10月19日に全米で公開された本作は、3日間で7750万1000ドルの興行収入を達成。R指定ホラー映画としては「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」に次ぐ全米歴代2位のオープニング興行収入を記録した。

※「Halloween」はR15+指定作品

(c)2018 UNIVERSAL STUDIOS

アプリで読む