Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

小関裕太、“アメリカ帰り”の天才バスケ選手に 『春待つ僕ら』で長髪姿を披露

リアルサウンド

18/9/14(金) 17:00

 映画『春待つ僕ら』より、小関裕太演じるアメリカ帰りの天才バスケ選手・亜哉のビジュアルが公開された。

参考:土屋太鳳はなぜ“頑張り屋”の演技がハマる?

 『ROOKIES』の平川雄一朗監督と、『君の膵臓をたべたい』の春名慶プロデューサーがタッグを組んだ本作。ずっと周囲に溶け込めずにひとりぼっちだった美月(土屋太鳳)は高校入学を機に“脱ぼっち”を目指すが、何をやっても空回り。落ち込む美月のバイト先に、校内の人気者、男子バスケ部の四天王が突然やって来て、振り回され始める美月の日常。一見チャラいが実はバスケに真剣で、仲間想いな4人の素顔を知っていくうちに、次第に美月は彼らに心を許していく。大事な試合に挑む四天王の4人を北村匠海、磯村勇斗、杉野遥亮、稲葉友が演じる。

 今回ビジュアルが公開された小関演じる亜哉は、小学生の頃“ぼっち”で1人公園で泣いていた美月を慰めてくれた幼なじみ。小学生の時に亜哉は渡米し、2人は離れ離れになっていたが、美月は「強くてカッコ良くて、いつも守ってくれるロングヘアーの“あやちゃん”」という存在を“憧れの女の子”として大事にしてきた。しかし、“女の子”と思っていたのは美月の勘違いで、アメリカから帰国し、誰もが憧れる高校バスケ界期待の男子選手に成長した姿で、亜哉は美月の前に姿を現す。亜哉と四天王は、バスケの全国大会で対峙する。

(リアルサウンド編集部)

アプリで読む