Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ホームステイ ボクと僕の100日間」

“魂のホームステイ”描くタイ発ファンタジー、ビルから落下する冒頭映像公開

ナタリー

19/9/5(木) 10:00

パークプム・ウォンプムが監督と脚本を担当したタイ映画「ホームステイ ボクと僕の100日間」より、冒頭映像がYouTubeで公開された。

本作は、森絵都の小説「カラフル」をもとにした青春ファンタジー。死んだはずの“ボク”の魂が自殺した高校生ミンの肉体に乗り移り、生きる喜びに触れていくさまが描かれる。「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」のティーラドン・スパパンピンヨーがボクとミンを演じ、アイドルグループ・BNK48のキャプテンを務めるチャープラン・アーリークンが先輩パイに扮した。

このたび公開された映像には、ミンの肉体で目覚めたボクが、医者や看護師から逃げる場面が収録されている。高層ビルの窓から外に出たボクは、雨で足を滑らせ地上へ向かって落下していく。CGを使用したこのシーンは、22時間連続で撮影が行われ、1年以上の時間をかけて編集された。ティーラドン・スパパンピンヨーは「主演も初めてでしたが、スタントをするのも初めてだった。頭からつま先までびしょびしょのまま、15mの建物を登ったり、飛び降りるというアクションを何度も何度もやったんだ。すごく大変だったけど、おかげで今までの自分を超えることができたと思う」とコメントしている。

「ホームステイ ボクと僕の100日間」は10月5日より東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次公開される。

(c)2018 GDH 559 CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED

アプリで読む