Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

Nulbarich(撮影:岸田哲平、本田裕二)

Nulbarich、初のたまアリ単独公演で「ここまで連れてきてくれてありがとう」

ナタリー

19/12/2(月) 16:48

Nulbarichが昨日12月1日に埼玉・さいたまスーパーアリーナでワンマンライブ「Nulbarich ONE MAN LIVE -A STORY- at SAITAMA SUPER ARENA」を開催した。

今年2月にアルバム「Blank Envelope」を発表し、バンドにとって初の海外単独公演を含むツアーを成功させたNulbarich 。11月にはミニアルバム「2ND GALAXY」をリリースするなど勢いを止めることなく精力的な活動を展開してきた。その集大成とも言える本公演は、彼らにとって史上最大キャパとなるさいたまスーパーアリーナで行われ、会場には多くのファンが詰めかけた。

Nulbarichはツインドラムを含めた7人編成でステージに登場。ライブは「2ND GALAXY」収録のナンバー「Rock Me Now」で幕を開けた。薄暗い照明の中、バンドは「Zero Gravity」「Focus On Me」「Lipstick」といった人気のナンバーを次々と繰り出してファンを喜ばせる。会場が明転するとJQ(Vo)は花道を歩きながら「ain't on the map yet」を歌唱。続く「It's Who We Are」ではイントロが流れた瞬間にフロアから歓声が湧き起こり、序盤からオーディエンスとの一体感を感じさせる展開となった。

この日は“ご褒美タイム”と称したパートが設けられ、JQを除くメンバー6名によるセッションが披露された。彼らはMPCに同期させたラップとトラックがループする中、グルーヴィな演奏を展開して会場を大いに盛り上げた。セッションを終えたバンドはそのまま代表曲「NEW ERA」をプレイし、その軽快なサウンドでオーディエンスの体を揺らした。虹色の照明に会場が照らされる中で演奏された「Kiss Me」では、観客が装着したLEDリストバンドの光と相まってたまアリは神秘的なムードに。JQは「みんなここまで連れてきてくれてありがとう。やってみるもんです。証明してますよ、夢は語るべきです」と感謝の気持ちと大舞台に立った喜びを語りつつ、「だけどまだ終わっちゃいない。僕たちが購入したこの片道切符はどこにつながっているのかわかりませんが、この列車が止まるまで見ていたいでしょ?」と自らを鼓舞するように続けた。

Nulbarichは後半に「Blank Envelope」「2ND GALAXY」の楽曲を中心としたパフォーマンスを展開。スクリーンに映し出された巨大な地球を背にして披露されたバラード「Lost Game」では、JQがハイトーンボイスをじっくりと聴かせオーディエンスを魅了した。JQは「果てた」と漏らしつつも「クライマックスへとご招待しましょう」と宣言。そのまま「Get Ready」「Super Sonic」といったダンサブルなナンバーを畳み掛けて会場のテンションを最高潮へと導いた。ラストはJQが「今日は本当にありがとうございました。長かったようであっという間だったな。やっぱデケーな。この人数がひとつになったらヤバそうじゃない? いいっすか?」と観客に呼びかけ「Stop Us Dreaming」をプレイ。壮大なシンガロングを巻き起こしてたまアリ公演の幕を降ろした。

「Nulbarich ONE MAN LIVE -A STORY- at SAITAMA SUPER ARENA」12月1日 埼玉県 さいたまスーパーアリーナ セットリスト

01. Rock Me Now
02. Zero Gravity
03. Focus On Me
04. Lipstick
05. ain't on the map yet
06. It's Who We Are
07. SESSION
08. NEW ERA
09. Kiss Me
10. Sweet and Sour
11. Kiss You Back
12. Ordinary
13. Follow Me
14. Look Up
15. Almost There
16. Silent Wonderland
17. Lost Game
18. Get Ready
19. VOICE
20. Twilight
21. Super Sonic
22. Stop Us Dreaming

アプリで読む