Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「どすこい!すけひら」公開記念挨拶の様子。

知英が超特急リョウガ&ユーキ登場に感激、草川拓弥がサプライズ仕掛ける

ナタリー

19/11/2(土) 19:24

「どすこい!すけひら」の公開記念舞台挨拶が本日11月2日に東京のシネ・リーブル池袋で行われ、キャストの知英、草川拓弥、金子大地、りゅうちぇる、監督の宮脇亮が登壇した。

本作はひょんなことから事故に巻き込まれ、ナイスバディに変身した元ぽっちゃり体型の助平綾音を主人公とするラブコメディ。綾音役の知英は「一番ドキドキしたり、うれしい日。映画が完成するまでは私たちのものでしたが、これからはお客さんの作品だと思うので公開を迎えることができてうれしいです」と笑顔を見せる。ライバル関係となる2人を演じた草川と金子。「現場ではバチバチしていた?」と尋ねられると、草川は「いや、バチバチはしてないですね。近すぎず遠すぎず、絶妙な距離感で芝居したり、話したりしていましたね」と答え、金子も「しっかりと話せたのは打ち上げのときだったよね」と続けた。

最初に知英を見たのがファットスーツを着ていたときだったという金子。「真夏ですごく大変だろうなと思っていたんです。一番びっくりしたのが、あのスーツを脱いだときの知英さんの美しさ!」と金子が話すと、知英は「クランクインのとき『私のこと見ないで!』って言いました(笑)」とはにかむ。

綾音のよき理解者フレッド・ミラー役のりゅうちぇるは、映画初出演を「フレッドが僕みたいでやりやすくて。『僕演技いける?』と思いました!」と楽しそうに回想。知英が「本当に頼りたい親友そのものでした!」と称賛すると、りゅうちぇるは「アーハーン?」とフレッドになりきって返す。さらに「今日も“フレッドみ”を意識して、普段あんまり巻かないんですけどスカーフを付けました。あと『キラキラとか入れたらかわいくない? かわいい! ウケるー』って感じでキラキラさせてみました」と本日のコーディネートをアピールした。

ここで、草川がほかの登壇者にサプライズがあることを告白。「僕が出演する映画で主題歌を担当することが小さな夢だったので、今回超特急が主題歌を担当できて、こんなに素敵な機会はないなと光栄でした」と述べた草川は、超特急のリョウガとユーキをステージに呼び込んだ。観客から歓声が上がる中、恐る恐る登壇した2人。リョウガは「普通に考えてみ? サプライズっていうのはさ、知名度がある方がやって来て『わあ、こんな方がここに!』って驚くというイベントなんですよ。僕たちが来たとしても『おおー、あ、超特急のメンバーですか』となるくらい」といきなりダメ出ししつつも、「もう(衣装の紫と赤で)若干の色味を持たせることくらいしか……でもありがとうございます。絶対観ます!」と草川へ感謝した。

超特急の3人は知英、金子、りゅうちぇる、宮脇へ花束を贈呈。最後に知英は「すごく得しましたね、私たち」と感激した様子を浮かべ、「草川さんがメンバーと一緒にいるところを初めて見たんですが、途端にテンションがグッと上がって(笑)。いいなあって思いました。サプライズありがとうございます」とほほえんだ。

「どすこい!すけひら」は全国で公開中。

アプリで読む