Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

ドキュメンタリーの面白さを知ると映画の見方が変わる

村山 匡一郎

映画評論家、大学講師

“樹木希林”を生きる

昨年9月に逝去した女優・樹木希林。その1年前、彼女に密着取材したNHKのディレクターによるドキュメンタリーだ。彼女自身は体調の悪化を周囲に悟らせない様子で『モリのいる場所』『万引き家族』『日日是好日』と女優としての仕事に臨み、撮影現場での独特の存在感を見せる。そんな樹木希林に惚れ込んで監督はカメラを回すが、やがて彼女から何が起こるわけでもないのをどう作品にするのかと問われ、自分の仕事や家庭のこと語り出す。いわばセルフ・ドキュメンタリーに近いものになっていくが、そんな監督に、樹木希林が厳しくも優しく接する姿は感動的だ。樹木希林の生き方もさることながら、監督自身の“樹木希林”をどう生きるかという自問自答が何とも興味深い。

19/10/2(水)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む