Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

文学、美術、音楽など、映画とさまざまな構成要素に注目

高崎 俊夫

1954年生まれ フリー編集者、映画評論家

たちあがる女

冒頭、いきなり、でっぷりとした中年女性が弓矢を射るや、溶岩台地にそびえる送電線が一瞬のうちに焼き切られてしまう、あまりに不穏でファンタスティックなシーンに度肝を抜かれる。映画は、合唱団の講師という昼の顔と、裏では自然環境を破壊する巨大企業に鉄槌を食らわす、過激な活動家という二つの顔を持つヒロイン、ハットラの闘いを時にはシリアスに、時には苛烈なユーモアを混淆させつつ描いている。 長編デビュー作『馬々と人間たち』もかなり風変わりな不条理劇の味わいがあったが、監督のベネディクト・エルリングソンはこの猪突猛進するドン・キホーテのような孤高の戦士ハットラの内面には踏み込まず、そのラジカルな行動のみを抽...

19/3/5(火)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む