Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

演劇鑑賞年間300本、記者歴40年のベテラン

大島 幸久

演劇ジャーナリスト

【公演中止】明治座 三月花形歌舞伎

明治座で3年ぶりの歌舞伎公演。同劇場には4年ぶり出演の勘九郎、七之助兄弟。『一本刀土俵入』で勘九郎は駒形茂兵衛、七之助がお蔦、『桜姫東文章』で勘九郎は清玄と釣鐘権助、七之助が白菊丸と桜姫。 勘九郎の茂兵衛は3度目だが2011年(平成23年)9月の大阪新歌舞伎座で七之助のお蔦で共演していた。祖父17世、父18世勘三郎も手掛けており、父から教わった役柄に「恩返し、感謝の気持ちがあり、ほんわかとした温かさのある役で大好き」という。初役の権助は「ムンムンとして色気があって、こんなに早く兄弟2人でやるとは思わなった」。仁左衛門に教わる。七之助の桜姫は2009年(平成21年)7月のシアターコクーン以来2度目。玉三郎の指導・監修を受ける。若いパワーを結集したという中村屋に期待。

20/2/23(日)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む