Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

時代劇を中心に、過去の日本映画やテレビドラマについての、主に製作状況に関する研究を行う。スタッフや俳優への取材・聞き書きによる証言収集と検証をライフワークとする。個人的な趣味としては洋画が好き

春日 太一

映画史・時代劇研究家

バルーン 奇蹟の脱出飛行

とてつもなくスリリング。濃厚な作品だ。 東西冷戦下の東ドイツ。自由を求めて西への亡命を図る家族の姿が描かれる。 国家による猛烈な監視と弾圧がはびこる東ドイツにあって、亡命は命がけのこと。計画の失敗や露見はすなわち、その後に地獄が待ち受けることを意味する。 冒頭から最初の脱出行に向けてのサスペンスが始まり、早くものめり込む。計画の失敗とその後に迫る捜査網……という中盤。そして、それをかいくぐりながらの再度の脱出計画が繰り広げられる終盤。 最高に盛り上がるシチュエーションが次々と起き、それがスピーディーに切り取られるものだから、一分たりとも目を離すことができない。 人間ドラマも熱いものがあり、とにかく隙がない。

20/7/14(火)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む