Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

音楽、映画、アート、ステージなど幅広いジャンルをプロデュースする

立川 直樹

1949年生まれ プロデューサー、ディレクター

音響ハウス Melody-Go-Round

銀座にあるレコーディング・スタジオ“音響ハウス”には数え切れないくらい通った。70年代、80年代はレコーディングと言えば、スタジオでやるものであり、そこでは様々な出会いがあり、ドラマが生まれたが、昨年創立45周年を迎えた“音響ハウス”と深く関わったミュージシャンやスタッフたちの話をまとめながら作られた映画『音響ハウス Melody-Go-Round』は、音響ハウスが世界一有名なレコーディング・スタジオであるアビイ・ロード・スタジオやマッスル・ショールズ・サウンド・スタジオなどと並んで数多くの名曲・名盤が生まれた場所であることを後世に伝えていく意味でも貴重なドキュメンタリーと言えるだろう。 企画・監督を務めたのは写真家・鋤田正義の偉業を追った『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』を手がけた相原裕美。ギタリストの佐橋佳幸とレコーディング・エンジニアの飯尾芳史が発起人となり、大貫妙子、葉加瀬太郎、井上鑑、高橋幸宏らゆかりのミュージシャンによるコラボ新曲『Melody-Go-Round』のレコーディングの進行を軸にして、坂本龍一、松任谷由実、佐野元春……といった日本の音楽史に輝ける足跡を残したアーティストたちの制作裏話もたっぷりと聞ける。

20/11/9(月)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む