Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

本業はヘビメタ誌編集者。寄席、落語会は年200回以上通う。関連著書も多数。

広瀬 和生

「BURRN! 」編集長、落語評論家

2020 今年最後の立川志らく独演会 第10回

かつて年末のよみうりホールと言えば「立川談志が『芝浜』を演る会」として知られる談志独演会が毎年開催され、伝説を残してきた聖地。談志亡き後、弟子の志らくがこの会場で毎年「今年最後の独演会」を行なうようになった。今年はなんと『芝浜』をネタ出し! 志らくの『芝浜』は“可愛い女房”が活躍する噺だ。『芝浜』を「賢い女房が亭主を立ち直らせる美談」として描くのを嫌い、“可愛い女房”の噺にした談志の遺志を継ぎ、志らくがよみうりホールにとびきり可愛い女房を登場させる。「年末は『芝浜』を聴きたい」という落語ファンはぜひ! 新型コロナウイルス感染拡大のガイドラインに則って、座席削減で発売中!

20/10/27(火)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む