Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

現代の名人芸を追い続ける

山本 益博

1948年生まれ 料理評論家、落語評論家、プロデューサー

冬の夜ばなし 鯉昇十八番

私の今年の締めくくりは、瀧川鯉昇の“冬の夜ばなし”である。 冬の噺で「鯉昇十八番」となると、高座にかける演目は何だろう。『二番煎じ』『時そば』『芝浜』あたりだろうか? 今年聴いた中では『粗忽の釘』がとても面白かった。主人公を粗忽者とせずに、世間との日常感覚、生活感覚がかなりずれている人間に設定し、慌てたり、うっかりして、周囲を騒がせたり、驚かせたり、あきれさせたりするのではなく、「ああ、こういう人、昔、町内にいた、いた」と思わせる人物像で笑わせ、いつもと一味違った妙味があった。 そうした意味で、ぜひとも今回聴いてみたいのが『芝浜』。 主人公の魚勝がどんな人間として登場するのか、真面目に更生するのか、しないのか、興味が尽きない。鯉昇師匠、『芝浜』をかけてくださらないかなぁ。

19/11/23(土)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む