Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

ホラー、ミステリー、トンデモ映画が大好物

春錵 かつら

映画ライタ―

スウィング・キッズ

fuck'in ideology! こんなタップ、見たことない!!! 韓国映画のすごさを、またこれでもかと見せつけられる作品が現れた。 1951年、朝鮮戦争のさなか。米軍によりいくつも作られた捕虜収容所のうち、最大規模だった巨済島の捕虜収容所が本作の舞台だ。その地に新しく赴任した所長の目論みにより、対外的なイメージアップを図るべく、捕虜たちによるタップダンサーチームが結成される。本作はこのチームを率いる元ブロードウェイダンサーの黒人下士官と、個性的な捕虜ダンサーたちの情熱と絆を描いている。 本作の要となるのはタップダンスシーン。実際にブロードウェイのトップダンサーであるジャレッド・クライムスはもちろんのこと、主人公を演じたEXOのD.O.、間違えて捕虜になり妻を探し続ける男を演じたオ・ジョンセ、中共軍捕虜を演じたキム・ミノ、誰一人として遜色ない。中でも紅一点のパク・ヘスの歌声の素晴らしさ、男性陣に交じっても全く違和感のないエネルギッシュなダンスは“新星登場!”の惹句にふさわしい。 本作は史実から生まれたフィクションであり、ダンス映画ではなく紛れもない戦争映画だ。戦争映画をただの“感動映画”にしないという覚悟がそこかしこから窺える。 “夢”という名の幻影に目を細め、“弱者”という名の勇者たちは今日も靴を踏み鳴らす。──垣根を超えた人こそが、いつの時代だってもっとも強く、もっとも尊いのだ。いつの時代にもいる、ふんぞり返っている人たちよりもよっぽどね。

20/2/19(水)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む