Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

映画と気になることをイラストで紹介!

高松 啓二

1958年生まれ イラストレーター

オフィシャル・シークレット

2003年イラク戦争勃発前、イギリス政府通信本部(GCHQ)で働くキャサリン・ガン(キーラ・ナイトレイ)は、アメリカ諜報機関NSAのメールを受け取る。その内容はイラク戦争を後押しするために国連安全保障理事会メンバーの盗聴を要請するものだった。義憤にかられた彼女はマスコミにリークするが、戦争は起こり、彼女は公務秘密法違反で起訴されてしまう。キャサリンは普通の事務員でテレビのニュース番組につっこむような我々と変わらない小市民である。彼女をつき動かしたのは、国の不正を正すのが罪か? 無関心こそが犯罪ではないかという葛藤の末の行動である。彼女を弁護する人権派弁護士ベン・エマーソン(レイフ・ファインズ)のあらゆる法的解釈を駆使して政権に挑むのは痛快だ。ベンと対峙する検察側の友人とは、裁判後ノーサイドにならないのも本作の姿勢を貫いている。この事件は公的文書をなかったことにしたり、改ざんする日本の現在にも通じ、決して人ごとではない!

20/8/28(金)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む