Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

歌舞伎とか文楽とか…伝統芸能ってカッコいい!

五十川 晶子

フリー編集者、ライター

12月文楽公演 鎌倉三代記・伊達娘恋緋鹿子

文楽や歌舞伎の三大名作のひとつ、『菅原伝授手習鑑』。学問の神様、菅原道真とゆかりある松王丸、梅王丸、桜丸という三つ子の兄弟を描く時代物だ。中でも特に人気なのが四段目にあたる『寺入りの段/寺子屋の段』。 梅王丸と桜丸は恩ある道真公(菅丞相)に車引き(お抱えドライバー)として仕えている。だが松王丸だけは道真公を陥れた政敵・藤原時平公側の車引きだった。 ついに菅丞相の若君・菅秀才まで時平公から追われる身に。ひそかに菅秀才をかくまう寺子屋の武部源蔵夫婦は、弟子の誰かを身替りにさせなければと苦悩している。だが見渡したところどの子も山家育ち。管秀才に似た子などいない。そこへタイミングよく入門してきたの...

18/12/1(土)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む