Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

与田祐希とふたりのキーマンに聞く、ドラマ『量産型リコ』はなぜ与田祐希だったのか!?

ぴあ

与田祐希 撮影:川野結李歌

続きを読む

多くの話題作を世に送り出してきたテレビ東京の深夜ドラマ。現在放送中の『量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記-』は、センスや価値観などが平均的なイベント会社勤務の女子・璃子が、ある日同僚から「お前は“量産型”の人間だ」と言われるところから物語が始まる。モヤモヤした気分の璃子は、ふと町で見つけた模型店での出会いによりプラモデル作りの魅力にハマり、それをきっかけに自分自身をも見つめ直していくことに……。

『機動戦士ガンダム』の量産型ザク、日産GT-R、エヴァンゲリオン、宇宙戦艦ヤマトと、毎週プラモデルと向き合う璃子を演じているのは、乃木坂46の人気メンバーで本作が地上波連続ドラマ初主演となる与田祐希。トップ女性アイドルグループで活躍する彼女と“量産型”な璃子とは対極な存在にも思えるが、与田自身は「あまりにも自分に当てはまっていてゾクっとした」という。なぜ璃子役に与田だったのか? そんな疑問を、与田本人も立ち合いの下、企画・原案・脚本を手がけた畑中翔太、与田とは2度目のタッグとなる監督のアベラヒデノブ、本作のキーマンふたりにぶつけてみた。

左からアベラヒデノブ(監督)、与田祐希(乃木坂46/璃子役)、畑中翔太(企画・原案・脚本)

“温度の低さ”がキャスティングのポイント

――ドラマ『量産型リコ』のキャスティングはどのように決まったのでしょうか。

畑中 ドラマの主人公の璃子ちゃんを作っていく中で、“興味がなかったプラモデルを作っていくうちに、だんだん温度が出てくる”という主人公像を考えていたんです。なので、いきなり元気でテンションが高い子ではないよなと思っていたんですよね。自然体で平熱の人というか。そこで与田さんの名前が挙がり、“すごく合うかもね”という話になったんです。

アベラ 僕は与田さんと一度だけ短編ドラマでご一緒したことがあったんですが、そこでなんとも言えない温度の低さを感じていたんですよ。

与田 あはは!

アベラ もちろん、それが与田さんの魅力のひとつだと思うんですよね。

畑中 脚本家チームとも、璃子は喜んでいても、嬉しいときも、悲しいときも、温度が一定のような子がいいよねって話していて。

与田 それはロボットじゃないですか!(笑)

アベラ 違う、違う(笑)、そこに“無理がない”感じがしていいなって思ったんですよ。

畑中 監督が一度一緒に仕事をしたことがあると聞いたので、まず「いい子ですか?」って聞いた記憶があります。これは完全に裏側の話ですけど(笑)。

与田 なんて答えたんですか?

アベラ 「島の子です」って答えたんですよ(笑)(※与田は福岡県志賀島出身)。芸能人感があまりなくて、すごく自然体だったんですよね。その無理のなさって画面にも表れるんです。自然に本人が持っているかわいさはにじみ出るものがあるし、かつ温度も低くて、“これは璃子だ”って思ったんです。

与田 温度の低さを褒められるのは不思議な気持ちですね(笑)。

畑中 璃子ちゃんって、現代の鏡だと思うんです。脚本にもありますが“平熱でも勝てばいい”と、そのとおりなんですよ。なにか成し遂げてやろうというよりも、璃子ちゃんのように生きる方がすごく“今の普通”なんじゃないかなって思ったんです。そんな“今のど真ん中の人”を描くというのが今作のポイントだったんですよ。

アベラ もちろん、やる気がないとかそういう話ではないんです。このドラマを作るときに、キャラを作ってお芝居として演じると、全部が嘘になるし、押しつけがましいかもしれないと思ったときに、与田さんなら自然体のまま、それが出せる女優さんなんじゃないかなって思ったんです。

璃子の性格を書いた紙を見て「これ、私です」

――たしかに、与田さんは、“璃子は当て書きのよう”と言っていますよね。

与田 そうなんです。最初の顔合わせのときに、璃子の性格が書かれた紙をもらったんですが、私が高校生だった頃とそっくりだったんですよ。あまりにも当てはまっていてゾクっとしました(笑)。これは私の生い立ちを知ってこうなっているのか、たまたま合っているのか分からなかったから、怖かったですね(笑)。

畑中 これは本当に偶然なんです(笑)。そのときに、与田さんがその紙を見て「これ、私です」と言ったことに、みんなで“良かったね”って話していたんですよ。

アベラ テンションが上がりましたよね。

畑中 本人と役柄って、どんなに似ていてもハレーションが起きてしまうんです。だからこそ、ここまでピッタリですと言われたのは初めてでしたね。

アベラ 1話に、璃子が先輩から一問一答を求められるシーンがあるんですが……。

与田 めちゃくちゃすらすら出てきました(笑)。セリフを覚えるというよりも、自分のことを喋っている感じでしたね。その答えを聞いて先輩から「量産型だわ」って断言されて、私自身も量産型だったんだって、グサッときました(笑)。

アベラ これだけ活躍されている方で、ここに当てはまるというのはすごいことですよね。

与田 他人事とは思えませんでした(笑)。

1500回(!?)も練習していた“やっさん”のマネ

――あはは。現場ではどんなことを学びましたか?

与田 みなさん、本当に大変だったと思うんですが、現場の空気感がすごく温かくて、大変なことをしているのに、いい意味で大変な空気が流れていなくて、なによりも楽しそうにお仕事をされていたんですよね。俳優部はもちろん、撮影チームのみなさんからも愛を感じて、お仕事が好き、楽しいという気持ちが伝わってきたんです。今までは、お仕事に対して頑張らなくちゃというプレッシャーが大きかったからこそ、この現場のいい雰囲気にすごく刺激を受けました。すごく学びの多い作品でしたね。

畑中 今の言葉をチームのみんなに伝えてあげたいですね。

アベラ 狙っていたわけではないですが、技術者のみなさんも、楽しませてくれるタイプの人が多かったんです。現場によってはピリッとする瞬間もあるけれど、基本は楽しもうという人が多かったですよね。

畑中 そうですね。本当に良い空気でしたし、ドラマの撮影が終わりに近づいていくと、僕自身も寂しくなってしまいましたから(笑)。

――おふたりから見て、与田さんの女優としての魅力はどこにあると思いますか?

アベラ すごく努力家ですよね。実は、“やっさん”という、田中要次さんが演じていたキャラクターの真似をするシーンがあるんですが、誰も気づかない、見ていないところで、何度も何度も練習していたんですよ。僕が見ていただけでも1500回位はやっていて!

与田 顔も作り込んでいました(笑)。

アベラ ずっと眉間にシワを寄せたり、そのシワの具合を練習していたりと、飽きずにずっとやっているんです。ここまで没頭してやっているのがすごいなと思っていましたね。

与田 もっとうまくなりたいって思ったんです。それなのに、カメラの前でいざ本番となったら、ちょっと緊張してしまって悔しくて……!

アベラ あはは!

畑中 でもすごくいい出来でした(笑)。

アベラ こんなにもひとりでスクラップ&ビルドを楽しんでできるタイプってすごいですよ。気づいたら後半はやっさんの芝居の精度もちゃんと上がっていて、印象的でした(笑)。

与田 あと、このドラマでは会社員経験をできたのは楽しかったですね。プレゼンも初めてやりましたし、すごくいい緊張感で、ドキドキしたんです。

アベラ あのプレゼンのシーン、実は最初は完璧に熱くやってくれたんですよね。でも、その熱量は璃子っぽくないよねという話になって、撮り直したんです。そこであらためて“量産型リコ”というキャラクターは絶妙やなって思ったんです。

――そこであらためて量産型であることを大事に演じたんですね。

与田 そうですね。イベント3部の個性豊かすぎるキャラクターの中で、私はどう馴染んだらいいんだろうと思っていたんですが、いつのまにか自然と馴染めていたんです。みなさんとプラモデルを通じて距離が縮まる感じも、すごくリアルだったんじゃないかなと思っています。

――プラモデルもかなりの数を作られていますよね。

与田 そうですね。プラモデルをいろんなアングルから撮影するので、作っては壊されちゃうこともあるんです。でも、そこでちょっと傷ついたりもしていて(笑)。そのときに、“私、ちょっと愛着持ってた!”って思ったんです。

璃子は違う世界線の与田祐希!?

――本当に璃子になりきっていたんですね。ちなみに、畑中さんは与田さんのどんなところに魅力を感じましたか?

畑中 脚本の段階では、その人物がどんなキャラクターなのか完全には分からないところがあるんです。でも、撮影に入って徐々に与田さん自身が璃子のキャラを規定してくれている感じがあったんですよ。最後は与田さんがすっと発する言葉が璃子の言葉だなって思えたんです。与田さんが璃子を“完全体”にしてくれたイメージです。それはすごいなって思いましたね。

――与田さんは璃子のどんなところに魅力を感じましたか?

与田 素直なところですね。好きなものに忠実だったり、取り繕うことがないんです。話を聞いていないときもあるし、好きなことには集中するし、人との向き合い方は素直なところが魅力なんだろうなって思いました。

畑中 きっと、乃木坂46のメンバーになっていなかった、違う世界線の与田さんなのかもしれないですね。

アベラ このドラマは順撮りではなかったので、1カ月半の撮影期間の中で、いろんな時間軸の璃子を演じていたから、すごい強力な馴染み方をしていましたよね。

与田 私もお芝居をやっていたという感覚よりも、会社員をやっていたように感じています(笑)。それぐらい日常になっていましたね。

――となると続編も……?

アベラ ぜひやりたいですね。

畑中 それには璃子ちゃんの気持ちが大事ですよね。

与田 もちろん、ぜひやりたいです!

――楽しみにしていますね。

与田 はい! また璃子になれるのを楽しみにしています(笑)。

取材・文:吉田可奈
撮影:川野結李歌
ヘアメイク:江原理乃
スタイリスト:菅野悠
衣装:merry jenny(ワンピース)、その他スタイリスト私物



『量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記-』
毎週木曜深夜0時30分~1時00分
テレビ東京系にて放送中

ぴあアプリ限定!

アプリで応募プレゼント

与田祐希のサイン入りチェキを1名様にプレゼント!

ぴあアプリならアプリ読者限定写真も見られます!

【応募方法】

1. 「ぴあアプリ」をダウンロードする。

こちらからもダウンロードできます

2. 「ぴあアプリ」をインストールしたら早速応募!

ぴあのアプリ(無料)をダウンロードすれば、アプリ読者限定写真が見られます!ダウンロードはこちらから