Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ゴダールの決別

ゴダールが、ギリシャ神話に材を採ったJ・ジロドーの戯曲『アンフィトリオン』を自由に翻案し、G・ドパルデューを主演に据えて撮った宗教的な色彩の濃い一編。スイス、レマン湖のほとりに暮らす、ごく普通の夫婦シモンとラシェル。しかし、シモンはある日、自らが神であると言い、ラシェルの肉体を強引に奪う……。物語の話者としてアブラム・クリムトという探偵を登場させ、5つの断章によって物語を重層的にしたゴダールは、音そのものをも多層化させる。まるで映像と音の一大ポリフォニーと呼び得るかのような空間を創出し、そこに神と人間との葛藤を描き出す。「新ドイツ零年」(1991)以降のゴダールの方向性が、ここに明らかとなっているかのようだ。

アプリで読む