Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

悪名〈1961年〉

鎌倉市川喜多映画記念館

当時の『週刊朝日』に連載中だった今東光の同名小説を、勝新太郎と田宮二郎のコンビで映画化。河内の農民のせがれ・朝吉は無類の暴れん坊で、松島遊廓で土地のヤクザ・モートルの貞と対決し、ぶちのめす。貞は朝吉を親分に。二人は足抜きをして因島へ売られた琴糸を救うべく島へ乗り込む。そこでピンチに陥ったところを島の女親分に救われて……。勝新太郎が「座頭市物語」の前に主演し最初のヒットを記録した作品で、古い任侠精神の持ち主・朝吉と、腕も度胸も人一倍だがドライな感覚の持ち主・モートルの貞のコンビが対照の妙を見せた。貞に扮する田宮二郎にとってはこれが出世作となった。

上映情報

ジャンル
任侠/時代劇 日本映画
制作年・国
1961/日本
配給
大映
上映時間
94分

キャスト&スタッフ

アプリで読む